• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2020/11/30

ランドローバー・レンジローバーイヴォークの左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたランドローバー・レンジローバーイヴォークになります。

IMG_20201113_115431_R

今回のご依頼内容ですが、左フロントドアから左リアドアにかけての接触による凹みの修理となります。

IMG_20201113_115438_R

近くで見てみると、フロントドアはプレスラインを中心にドア後ろ側で当たりが止まっている様に見えます。

しかしこの損傷が止まっている様に見える部分は、内側のパネルとの接合部になる為に強度がある部分となります。

その事から内側までの損傷にはならずに済んでいる為、塗装が剥がれただけとなっています。

またリアドアはプレスラインにしっかりと当たり凹んでしまっています。

この段階では損傷の波及がドアのロアパネル側にあるかどうかが心配となります。

IMG_20201113_115449_R

この角度で見ると損傷の波及が盛り上がっている部分として確認できます。

IMG_20201113_115458_R

では作業に入っていきます。

先ずはフロント、リアドアに付いているロアモールを外します。

その際に損傷の波及が無いかを確認します。

今回は損傷の波及が無かったので、パネルの凹みが確認できた部分のみでの作業をすることになりました。

鈑金作業に関しては、専用の治具を使用しての作業で形を出していきます。

IMG_3126_R

専用の治具での作業が終了したら、パテにて成形をします。

ドアの形状ですが、プレスラインを境にして上と下とで形が違います。

しかしドアパネルの持ち合わしている形状に沿ってサンディングをしていくと、しっかりとした形を出していく事が出来ます。

ここではエステックカーサービスの鈑金スタッフの経験値よりプレスラインにズレもなく綺麗に成形出来ました。

IMG_3127_R

成形が終了した後、エステックカーサービスの塗装スタッフにバトンタッチをしてサフェーサーを塗装します。

ここではサンディングによって出来たキズをしっかりと消していきます。

この作業を丁寧にする事により綺麗な仕上がりとなります。

IMG_3135_R

サフェーサー塗装後、本塗装の下処理をしてからマスキングをして塗装の準備をします。

IMG_2104_R

塗装前の修理をした部分ですが、しっかりと形が出ています。

こうなると後は本塗装を残すのみとなります。

IMG_2105_R

IMG_2106_R

本塗装が終了しました。

この段階でも綺麗になっていますが、最後の作業として磨きをかけていきます。

IMG_2108_R

最後の磨きをかけた後の仕上がった状態です。

IMG_20201120_092606_R

形、艶感等しっかりと仕上がっているのが確認できます。

IMG_20201120_092557_R

今回は作業方法を交えてのご紹介となりました。

常に仕上がりを考えながら作業しておりますので、エステックカーサービスにお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/30

ポルシェ・カイエンの左リアドアとリア廻りを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、千代田区よりご依頼頂きました現行型ポルシェ・カイエンになります。

IMG_6824

今回のご依頼内容ですが、大きく2カ所ありリア廻りと左リアドアになります。

リア部ですがリアゲートからリアバンパーにかけて縦のラインで損傷が見られます。

IMG_6825

またリアバンパーのロア部になる素地の部分にも損傷が見られました。

IMG_6845

更によく見ると右側のマフラーカッターにも当たっているのが確認出来ました。

今回はリアゲートは修理をし、それ以外の部分は部品交換にて対応することになりました。

IMG_6865

次に左リアドアですが、擦り傷と小さな凹みを確認しましたので修理にて対応することになりました。

IMG_6822

では作業に入っていきます。

最初にリアゲートを分解していきます。

この作業をするにあたりリアゲートを開け閉めしながらになる為に、トランクルーム含め車内にホコリなどが入らないように養生します。

塗装するときのマスキングと同じようにエステックカーサービスの鈑金スタッフも気を使いながら作業しております。

IMG_20201121_161109

またリアゲートの分解の際に、修理箇所以外にキズを付けないように養生もしていきます。

必要箇所以外に修理箇所を増やさないよう気を使って作業をしていきます。

IMG_6867

次にリアバンパーを外していきますが、リアバンパーにはタイヤハウスを丸っと囲んでいるアーチモールを外します。

IMG_20201121_161210

アーチモールを外した後にリアバンパーを外します。

リアバンパーはアッパーとロアに分かれますが、アッパーとロアが取り付いた状態で外した後分解をします。

今回の様にアッパーにカラーが入っていたり、アッパーとロアの取り付け部を修理するなどの作業がある場合にはこのように分解していく事があります。

IMG_3191

IMG_3190

次に左リアドアの修理に入ります。

先ず今回の修理での塗装はこのパネルのみでの対応で済むことから、ドアハンドルやベルトモール、ロアパネルを外す準備を最初にしておきます。

IMG_3192

必要な部品を外した後、修理をしていきます。

IMG_3193

リアゲートも損傷のあった部分の鈑金作業をした後、パテにて整形をしていきます。

ここではリアゲートにはリアナンバープレートが付いています。

塗装をする際にはナンバープレートをマスキングしてしまうとしっかりとした塗装が出来ないためにナンバープレートを外します。

この様な場合普通車には必ずついている封印を壊す必要がありますが、再度封印をする作業もしっかりと対応します。

IMG_6879

リアドア、リアゲートの鈑金作業が終了したのでリアバンパーも含めて塗装をする準備をしていきます。

塗装をするためのマスキングですが、車内、車外全ての部位に塗装した際のミストが付かないように丁寧に作業をして本塗装をしていきます。

IMG_2159

IMG_2160

本塗装が終了しました。

光の当たり具合で分かりますが、綺麗に塗装されているのが確認出来ます。

IMG_2163

IMG_2165

IMG_2154

最後の作業としてマフラーのエンド部を交換していきます。

ここでは基本的に交換作業をしておき、リアバンパーを取り付ける際に調整をしながらしっかりと取り付けていきます。

IMG_6884

最後に全ての組み付けをし磨きをかけて作業が終了しました。

IMG_20201128_091216

IMG_20201128_091221

IMG_20201128_091234

今回は気を使いながらの作業をしている所を中心にご紹介しました。

エステックカーサービスのスタッフはそれぞれの場面で丁寧に作業をしておりますので、ご安心してお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/26

ボルボ・XC40・T5の右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたボルボ・XC40・T5になります。

IMG_20201024_085042

今回の依頼内容ですが、ポールに接触した際に潰れてしまい変形した右リアドアとクォーターパネルの修理になります。

IMG_20201024_085048

近くで見ると大きく凹みが出来ているのが確認出来ます。

またリアドアの下側に付いているロアモールを見ると、車内側に押されているのが分かります。

IMG_20201024_085056

IMG_20201024_085101

IMG_20201024_085108

リアドアを開けてクォーターパネルを見ると、下側が内側に入りしっかりと変形しています。

損傷状態から見るとピンポイントでしっかりと接触していることが分かります。

今回はリアドアを部品交換して、クォーターパネルは鈑金修理で対応していきます。

IMG_20201024_085229

損傷確認が出来ましたので、作業に入ります。

先ずは必要な部品を外していきますが、同時に塗装する箇所の付属部品も外していきます。

フロントドアのロアモールを外す際にはフロントフェンダーに取り付いているアーチモールを外す必要がある為に、右側面全てのモール関係は外すことになります。

IMG_3043

また部品交換をするリアドアですが、ドア本体を外す前にリアドアに取り付いている付属部品を外しておきます。

この作業をする事で内側の部品などに損傷の波及による部品の損傷も調べておきます。

IMG_20201107_082910

リアドアを外した後塗装をするクォーターパネル隣接部品を外して内側まで塗装が出来るようにしておきます。

IMG_3106

更にクォーターパネルに付いている付属部品として、フェンダーライナーを外します。

これはクォーターパネルにある損傷が見えない部分に当たる内側にまで波及があるかの確認をする為です。

またこの確認時に損傷が確認できれば見えなくなる部分ではありますが、しっかりと修理をしていきます。

IMG_3102

部品を外す作業が完了したら、変形のあったクォーターパネルを修理していきます。

IMG_3045

鈑金作業と同時に新しいドアを仮組みして、ドアのチリなどの合わせ作業をしながらクォーターパネルの修理をするための基準にもして修理をしていきます。

IMG_3046

XC40のクォーターパネルには、グレード名が入ったプレートが取り付いています。

塗装をする際にリアドアの見える部分に対してのボカシ塗装をする事も含めて、ベルトモールなどと同じように内側までしっかりと塗装をするために外します。

IMG_3047

鈑金作業中の写真ですが、専用の治具を使用しながら作業をしていきます。

その際には熟練したエステックカーサービスの鈑金スタッフによって小さい範囲で作業をしていきながら、この段階で形を出していきます。

IMG_3103

鈑金作業が終了した後パテでの整形をしていきますが、損傷状態から見た範囲よりも小さな範囲で修正しているのが確認出来ます。

IMG_3104

鈑金作業が終了したら、塗装スタッフにバトンタッチします。

クォーターパネルの修理箇所を含めたクォーターパネルを塗装する準備をします。

IMG_2077

新しいリアドアには下塗りをして本塗装をする準備をします。

IMG_2086

本塗装の準備が終了したら本塗装をしていきます。

IMG_2085

IMG_2084

IMG_2089

リアドアは単品塗りをする事により切れ目を作らない塗装をすることが出来ます。

これは新車の様に戻すことを意味しています。

IMG_2090

IMG_2080

本塗装が終了した後、組み付けと磨きをして作業が完成となりました。

IMG_20201119_093942

IMG_20201119_093947

今回ご紹介した作業内容ですが、アーチモールが付いているお車は同じような作業をする事が多くなっております。

一ヵ所の損傷でも修理をする際には今回の様な範囲の作業が必要となる事があります。

エステックカーサービスでは、新車同様に戻すことを信念として作業をしております。

損傷されたましたら、先ずはエステックカーサービスにご相談ください。

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/24

アウディ・A4・B9系の右側面の修理をしました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、西東京市よりご依頼頂きましたアウディ・A4・B9系になります。

IMG_20201021_161303

今回の修理依頼箇所ですが、一見したら分かりにくい場所になります。

それはフロントタイヤの後ろ、ステップの前側の部分になります。

IMG_20201021_161309

近くで見てみるとステップが凹んだ波及でフロントフェンダーの取り付け位置が変わりフロントドアに干渉してしまっています。

IMG_20201021_161330

角度を変えて見るとかなり凹んでいるのが分かります。

またフロントフェンダーも奥まってしまっていますが、フロントドアとの干渉によりフェンダーの端が折れてしまっています。

IMG_20201021_161321

IMG_20201021_161351

フロントドアを開けた所を見ると内側に膨らんでしまっているのが確認出来ます。

今回の修理内容ですが、フロントフェンダーとフロントドアは交換としステップに関しては修理をする事になりました。

IMG_20201021_161432

これから作業を始めていきます。

先ずはフロントバンパー、フロントフェンダーを外して修理箇所を作業できるようにしていきます。

フロントフェンダーのフロントドア側に付いているウォッシャータンクを外すとフロントピラーまで丸見え状態となりました。

IMG_2967

更にフロントドアまで外すことによりステップの損傷の全貌が見えました。

2ヶ所見える取り付け部ですが、こちらがフロントフェンダーの取り付け部となります。

この部分に損傷があり取り付け位置、取り付け角度が変わってしまっています。

IMG_2979

この部分を専用の治具を使用しながら修理をしていきます。

このパネルの修正の段階で幾度となく交換するフェンダーなどを仮組みして取り付け部のチェックをしていきます。

修理方法には部品を仮組みしてチェックする部分や、経験値から分かる目や手によるチェックとあります。

エステックカーサービスの鈑金スタッフによって必要な時間をかけて形を戻していきます。

IMG_2996

ステップの土台の修理が終了したらパテによる最終の整形をしていきます。

IMG_2998

IMG_3009

パテによる整形が終了しましたのでサフェーサーを塗装していきます。

IMG_3014

今回の塗装範囲としては、フロントドアを交換するためにリアドアにボカシ塗装をします。

またステップを塗装するために続きパネルとなるクォーターパネルから右側のルーフサイドまで、ボカシ作業をする事なく経年によるボカシ部分が出てくることが無い様に塗装をしていきます。

ただルーフサイドまで塗装をする際にルーフまで塗装をする事は出来ませんので、内張りを外してからルーフモールを外しその部分で塗装箇所を仕切るようにします。

IMG_2991

またクォーターガラスも外し隙間のある部分までしっかりと塗装をしていきます。

IMG_2990

ここから塗装をする準備をしていきますが、フロントピラーはルーフサイドとパネルが続いている為にボカシ塗装をする事もなく塗装をしていきます。

IMG_2044

IMG_2041

塗装の準備が完了しましたので本塗装をしていきます。

フロントフェンダーとフロントドアは単品での塗装をします。

こうすることにより表と裏の部分を一気に塗装が出来るために新品同様の仕上がりとなります。

IMG_2032

残りの部分は塗装の準備でお伝えしたように一回で全ての部分の塗装が出来ました。

IMG_2046

IMG_2045

最後に組み付けと磨きをする事によって作業が完成となりました。

IMG_20201112_123136

しっかりと仕上がっているのが確認出来ます。

IMG_20201112_123145

今回は鈑金するための準備と仕上がりの為の塗装方法をお伝えしました。

仕上がり重視で作業をさせて頂いております。

損傷されましたら、エステックカーサービスにご相談ください。

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/21

BMW・7シリーズ・E65型の右側面修理とカスタムをしました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、渋谷区よりご依頼頂きましたBMW・7シリーズ・E65型になります。

この後ろから見るシルエット、迫力ありますね。

IMG_20201029_134020

今回のご依頼内容ですが、接触による損傷の修理とメッキ部のヤレ感をフレッシュする事、更に経年による部品交換と多数になります。

IMG_20201029_134026

先ずは接触による損傷の修理からになります。

右クォーターパネルからリアバンパーにかけて擦れた後が確認出来ます。

またクォーターパネルに関しては凹みも出来てしまっています。

IMG_20201029_134031

次にクォーターパネルのリアドア側に飛び石でしょうか、塗装が掛けている箇所が確認出来ます。

クォーターパネルを修理するにあたりこの部分にも塗装をする事になるので一緒に修理をしていきます。

IMG_20201029_134242

この写真は右側のリアドアになるのですが、後ろの損傷とは別になりますが小さなエクボがあります。

塗装をするという事からこのエクボも一緒に修理をする事になりました。

IMG_20201029_134216

次にトランク部が大きな口を開けておりますが、このままトランクを開けておくと自然に閉まってしまう症状があるとの事でした。

これを治すためには部品を交換する必要がありますので対応していきます。

IMG_20201029_134406

ここから修理をしていきます。

先ずはリアバンパー、テールランプを外してリアバンパー及びクォーターパネルを修理する準備をします。

このリアバンパーには3分割になっているモールが付いています。

修理費用と部品代を見比べて部品を交換することになりました。

IMG_3019

クォーターパネルの修理ですが、凹みとキズを修理するのですがそれ以外にも小さな凹みなども見つけたので一緒に修理をしていきます。

IMG_3027

リアバンパーに関してはモールを外してキズなどの修理をしていきます。

ここでも接触による損傷以外にキズを見つけたのでサンディングして修理していきます。

IMG_3029

こちらはトランクの開け閉めに必要なショックとなります。

IMG_3028

部品交換をするためにトランク内の内張りを剥がして部品を見えるようにします。

この部分はリアシートの後ろ側になるのですが作業するには空間が狭かったり、奥まっている場所にある為に作業しづらいのですがこの部品を交換して自然に閉じないようにすることが出来ました。

IMG_3024

最後にメッキ部品のリフレッシュですが、各ドアに付いている部品を外します。

単品にして作業をして作業をしていきます。

取り外さずに作業する場合にはマスキングをする必要があり、別の部分に色が付いてしまう可能性があります。

しかし外して作業することによりその心配をする必要がありません。

IMG_3018

メッキ部品は基本的に塗装が密着しません。

また経年による表面の凹凸がある為に、一度サフェーサーを塗装して凹凸の処理と塗装の食いつきを良くしていきます。

IMG_2054

IMG_2057

全てしっかりと処理した後本塗装をしていきます。

今回はお客様のご要望によりシルバーに塗装をしました。

IMG_2060

IMG_2061

本塗装が終了しましたので最後の作業をしていきます。

接触による損傷箇所も綺麗に治っています。

IMG_20201119_142909

またメッキ部もいい艶感が出てリフレッシュすることが出来ました。

IMG_20201119_142927

今回は鈑金修理だけではなく、長く車を乗る上でのリフレッシュなどをお伝えしました。

ご要望が御座いましたら先ずはご相談ください。

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/11/10

アウディ・A5・8T型のフロントバンパー交換と左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたアウディ・A5・8T型になります。

IMG_2969

今回の修理箇所ですが、フロントバンパーのフロントグリル左側に接触した影響で穴までは開きませんが切れてしまっているのが確認出来ます。

これだけの切れになってしまうと修理した後経年にはよりますが、跡となって出てくる可能性がありますので交換することにしました。

また左フロントドアとリアドアに接触した損傷が見られます。

この部分は鈑金作業にて対応する事にしました。

IMG_2973_R

先ずは修理をしていくフロントドア及びリアドアから作業をしていきます。

プレスラインの部分に接触していましたのでプレスラインが潰れてしまっていました。

このラインを出しながらそれによる波及部分を整形するように鈑金作業をしていきます。

この際には波及があるかないかをしっかりと確認していきますが、隙間やチリなども同時に確認しながら修理をしていきます。

またリアドアに小さな凹みも確認しましたので一緒に修理をしていきます。

IMG_2987_R

専用治具を使用しての作業が完了した後はパテを使用して整形をしていきます。

最初のパテが付いた範囲は小さくてもサンディングする際にパテの前後と形を揃えるために、サンでイング範囲はパテよりも広くなります。

この様に小さい範囲での損傷だとしても鈑金修理をすると損傷した範囲よりも大きくなります。

その後サフェーサー塗装をします。

このサフェーサー塗装によりサンディングの際に出来た研ぎキズも消していきますので、付けたパテの範囲よりも大きく処理をしていきます。

IMG_2992_R

次にフロントバンパーですが部品の処理や塗装の食いつき等からサフェーサーを塗装します。

それから本塗装をする準備をしていきます。

IMG_2012_R

ボディのほうは下処理を終えた後にマスキングをして本塗装をする準備をしていきます。

今回はホワイトの2コートソリッドとなりますので、修理をしたパネルのみの塗装で済ますことが出来ます。

IMG_2010_R

ここから本塗装をしていきます。

フロントバンパーにはヘッドライトウォッシャーカバーなどがありますので、単品にて塗装をしてきます。

IMG_2016_R

IMG_2013_R

IMG_2014_R

IMG_2015_R

本塗装が終了したので、次の工程に移ります。

組み付けと見買い作業をして作業が完了となりました。

IMG_20201106_113917_R

IMG_20201106_113924_R

IMG_20201106_113930_R

今回はキズに対する必要となる修理の範囲を大まかではありますがご紹介しました。

損傷された場合の修理内容を考える上で修理範囲など分からないことがありましたら何なりとご質問ください。

しっかりとお答えしてご納得頂けたらと考えております。

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>