• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2020/02/29

テスラ・モデルSの右クォーターパネルを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、大田区よりご依頼頂きましたテスラ・モデルSになります。

IMG_1422_R

今回のご依頼内容を確認していきましょう。

右リアタイヤ上部、クォーターパネルに損傷が確認できます。

IMG_1423_R

IMG_1424_R

近くで見るとガツっと当たっていて傷の右側に凹みが出来ているのが確認できます。

IMG_1425_R

また横から見ると傷が付いている部分はキズだけではなく凹みもあります。

この事から鈑金修理をしていくのですが、このテスラ・モデルSはオールアルミになります。

従いましてエステックカーサービスの鈑金スタッフによって、デントリペアを併用しての鈑金作業をしていきます。

凹んでいる部分の周りには歪が発生しています。

この歪みを取る為にデントリペアはとても有効な作業となります。

この作業で凹みと歪を取ることにより次の作業であるパテを小さい範囲、量で済ますことが出来ます。

IMG_1428_R

パテが付いた所ですが、損傷の大きさ分しか付いていない事が分かります。

叩きをメインにした作業ですとこれよりも一回り、二回りの大きさでのパテ作業となる可能性がありますので、そこからしてもデントリペアが有効となる事が理解できます。

またサンディングの時間も短縮出来るのでトータル的な時間をも短縮出来ていきます。

IMG_1442_R

パテ作業が終了したらサフェーサー塗装をしていきます。

サンディングではパテを研ぐ際に作業箇所以外の塗装部分に傷が入ってしまいます。

その傷を取る為にもサフェーサー塗装は必要な範囲にしていきます。

IMG_0680_R

サフェーサー処理した後は本塗装をする準備をしていきます。

クォーターパネルのリアドア側まで塗装しているサフェーサーをしっかりと形を出す気持ちで研いでいき、ボカシ塗装するリアドアも塗装の為の下処理をします。

そこから塗装しない部分をマスキングしていきますが、エステックカーサービスのスタッフは経験値を元に隙間なくマスキング作業をしていきます。

これにより本塗装をする用意が完成します。

IMG_0683_R

本塗装が完成しました。

マスキングの端に付いている塗装の量を見て頂くとお分かりになると思いますが、しっかりとしたマスキングをしておかないと塗装が室内に入ったりして大変なことになってしまいます。

この事からマスキングの重要性が理解できます。

IMG_0685_R

IMG_0686_R

今回は鈑金、塗装それぞれの作業をご紹介しました。

これは一部にしか過ぎませんが全ての作業を同じようにしっかりとしております。

仕上がりと共にしっかりと作業をしておりますのでご安心してお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020/02/29

フォード・エクスプローラー(4代目)の右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、稲城市よりご依頼頂きましたフォード・エクスプローラー(4代目)になります。

今は撤退してしまったフォード車になりますが、大切に乗られていて損傷をしっかりと直されたいとの事でのご依頼となりました。

IMG_20191130_153818

損傷個所を確認していきましょう。

大きくは右側の損傷となりますが、ポールにぶつかって右フロントドアとステップに損傷を負っていることを確認できます。

IMG_20191130_153549_R

反対側から見ても損傷の凄さが分かる凹みです。

IMG_20191130_153602_R

ドアを開けた内側にはフロントドアにて当たったであろう凹みが確認できます。

IMG_20191130_153645_R

ステップは当たったことによる割れがありますが、中が空洞だったことが功を奏して取り付け部の損傷は見られませんでした。

IMG_20191130_153659_R

では作業を始めていきます。

先ずはドアを開けた内側(ロッカーパネル)の修理から始めます。

凹みを専用の治具を使って直していきます。またそれと同時にリアドアの端にあった凹みも叩き作業で修理をしていきます。

IMG_1386_R

形が出たらパテにて整形をしていきます。

これで形の方は整いましたが、リアドアが付いている状況では塗装をしても綺麗に仕上げることが出来ません。

ですのでリアドアを外して塗装をし仕上げていきます。

IMG_1388_R

フロントドアは新品部品での対応となりましたので、仮組をしてフロントピラーなどへの波及が無いか確認し、リアドアは塗装の為の分解作業をします。

波及のチェックと分解作業を終わらせたらフロントドア、リアドア共に外して塗装をする準備をします。

その時にロッカーパネルの塗装を終わらせます。

IMG_1387_R

外したドアを専用の台に乗せ、必要なマスキングをしてから本塗装をしていきます。

エステックカーサービスの塗装スタッフは、どの様な状況での塗装位置でもしっかりとした作業をし仕上げていきます。

IMG_0673_R

塗装が完了したら組み付けと磨きをして作業が完成となります。

IMG_20200229_084846_R

今回の修理は鈑金作業のみではなく整備作業もありました。

エステックカーサービスではトータル的にもご依頼を受けることが出来ます。

どの様な事でも先ずはご相談ください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2020/02/29

BMW・4シリーズ・グランクーペ・F36の左側面の修理をしました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたBMW・4シリーズ・グランクーペ・F36になります。

IMG_20200203_155429_R

今回のご依頼内容を確認していきます。

損傷対象物はポールになるとの事で、左フロントドア、左リアドア、左クォーターパネル、リアバンパーにかけての損傷となります。

IMG_20200203_155437_R

先ずはフロントドアですが、ドアハンドル下のアールの部分に連続式に凹みがします。

ここには内側にビームという補強するための部品があり、その部分に当たって連続的にな損傷となったと思われます。

IMG_20200203_155447_R

リアドアは光が当たってしまい分かりにくくなってしまっていますが、左側に凹みと真ん中から右側にかけてキズがあります。

IMG_20200203_155514_R

クォーターパネルには錆色が見えますが、凹みと塗装割れが見られます。

IMG_20200203_155524_R

リアバンパーはアールの部分にキズがありますが、ここが今回の損傷の最後の部分になると思います。

IMG_20200203_155608_R

最後にドアミラーにも損傷があり割れてしまっています。

これで確認が完了しましたが、損傷の範囲が広いことが分かります。

IMG_20200203_155717_R

では作業を始めていきます。

先ずは新品部品に交換することにしたフロントドアを仮組して新品部品に損傷や変形がないかの確認をしていきます。

今回は何事も無かったのでこのまましようして鈑金作業をしていきます。

IMG_20200210_170311_R

リアドアの凹みと、クォーターパネルの修理をしていきます。

IMG_1329_R

IMG_1330_R

また鈑金修理をしていきながら塗装するための部品の脱着を同時進行していきます。

IMG_20200214_144743_R

IMG_20200214_144701_R

ここではリアバンパーの修理をしていきます。

損傷箇所をサンディングして取っていきます。

キズ自体は深さが無かったのでサフェーサーにて作業そのものは終了します。

IMG_1334_R

IMG_1469_R

ここから本塗装をする準備をしていきます。

先ずは新品部品のフロントドアに下塗りをしていきます。

こうすることにより色の着きが悪くならないようにしていきます。

IMG_1468_R

IMG_1471_R

内側に塗装が必要となるクォーターパネルに塗装をしていきます。

IMG_1472_R

最後に外側の塗装をしていきます。

今回はルーフサイドまで塗装をして仕上げる準備をしてます。

IMG_1474_R

本塗装が完了しました。

ここから磨きと組み付けをして作業が完了します。

IMG_1475_R

完成した写真を確認しますが、綺麗に仕上がりました。

IMG_20200221_153123_R

IMG_20200221_153131_R

IMG_20200221_153138_R

IMG_20200221_153150_R

今回は写真を中心にご紹介しましたが、損傷範囲が小さくても大きくてもエステックカーサービスのスタッフはしっかりと作業をしていきます。

仕上がりはお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/27

ポルシェ・パナメーラの左リア部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、文京区よりご依頼頂きましたポルシェ・パナメーラになります。

IMG_20200201_135645_R

今回の損傷個所を確認していきましょう。

損傷個所は、左リアドア、左クォーターパネル、リアバンパーの3パネルにキズと凹みが確認できます。

IMG_20200201_135656_R

IMG_20200201_135702_R

反対から見ると少しクォーターパネルが内側に入っていることも確認できます。

リアバンパーにはキズのみがあるのが確認できました。

IMG_20200201_135721_R

更に近寄って見るとドアハンドルにもキズが付いています。

IMG_20200201_135739_R

確認が終了しましたので、作業に入ります。

今回は一ヵ所に損傷がありますが、3パネルにわたっています。

その為に先ずは必要部品を外していきます。

リアバンパーを外す前に左右のテールランプを外してからリアバンパーを外してます。

この順番で作業をするのはテールランプの下にリアバンパーを止める部品があるからです。

リアバンパーのみでも外すことは可能ですが、バンパーを止める部品は爪で出来てています。

この爪が引っかかった状態ですと、リアバンパーを引っ張って外すことになる為に爪が折れたりバンパー側が切れたりする可能性があります。

そのようなことが無いよう、エステックカーサービスではテールランプは外します。

IMG_1287_R

外したリアバンパーのキズはサンディングして落とし、サフェーサー塗装にて塗膜の段差を埋めていきます。

IMG_1294_R

リアバンパーの修理と部品の脱着をしながらのリアドアとクォーターパネルの修理を同時に作業していきます。

更にこれらの作業をしている中で作業時間の隙間が出た時にリアドアのドアハンドル等付属部品を外し、塗装の為の準備もしていきます。

IMG_1295_R

クォーターパネルの損傷が内側に入っていましたので、リアドアを開けた内側にも修理がされたので先ずは内側のみの塗装をする準備をしていきます。

ここで内側を先に塗装するのは、ドアを閉めた外側のパネルは続きパネルとなりますので、外側全てを同じ条件下で塗装をする必要がある為です。

IMG_1421_R

先ずは内側の塗装が完了したので、しっかりと乾燥させ次の表側の塗装に入っていきます。

IMG_1424_R

ここからボディ、リアバンパー、ドアハンドルそれぞれを本塗装をしていきます。

IMG_1425_R

IMG_1427_R

IMG_1422_R

IMG_1423_R

IMG_1426_R

本塗装が終了したら組み付けと磨きをして全ての作業が完成となります。

1_R

完成後ですが、キズや凹みがしっかりと元通りに戻っています。

綺麗に仕上がりました。

エステックカーサービスでは、今回お伝えしましたように何台ものお車を同時に作業しております。

でも仕上がりだけは落としません。

ですのでご安心してご依頼ください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/26

ボルボ・V60のヘッドライト交換とメッキモールの色替えをしました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、立川市よりご依頼頂きましたボルボ・V60になります。

IMG_20200215_143742_R

ご依頼内容の一つ目は、右側のみですがヘッドライトの内側に水滴が雫の様にあるという事で交換をする事になりました。

その昔、ガラスレンズのみ交換できた時がありましたが、今はプラスチックとなりレンズのみを交換することが出来ず本体自体を交換するようになってしまいます

バルブなどは点灯していれば使用することは出来ますが、水に接していればすぐにバルブ切れにならないとも言えませんので本体を交換する際には一緒にバルブも交換することをお勧めします。

IMG_20200215_143747_R

ここで右側が綺麗なものになるという事で反対のヘッドライトの黄ばみを取る作業をして左右共綺麗にしていきます。

IMG_20200215_143754_R

次にカスタムとなりますが、メッキモール、ルーフモールこの部分が白い斑点の様に劣化が見られる所に黒く塗装をして蘇る作業をしていきます。

IMG_20200215_143802_R

白く劣化するのはメッキモールでは経年劣化としてある事です。

こうなるとそのままにしておくか、新品部品に変えるかしかないと思います。

そこで色を付けてみようと考えられ塗装をする事になりました。

IMG_20200215_143828_R

通常のメッキ使用がどのように変わるか最後で確認してみてください。

IMG_20200215_143843_R

では作業を始めていきます。

先ずはヘッドライトの交換と修理をしますので外していきます。

IMG_1345_R

次にモール類全てを外していきます。

ルーフモールを外す際には天井の内張りを外したりと時間をかけて外します。

IMG_1347_R

外せる部品を並べましたが、このようにして単品で塗装をしていきます。

塗装後の写真と比べるために敢えて横向きにしてあります。

IMG_1350_R

単品ごとの塗装が完了しました。

IMG_0640_R

IMG_0641_R

左側のヘッドライトも修理が終わり新品部品の様に綺麗になりました。

IMG_0638_R

これで組み付けをしていき完成させていきます。

完成後になりますが、左右のヘッドライトが新品の様に復活しました。

IMG_20200221_155426_R

IMG_20200221_155435_R

IMG_20200221_155439_R

また黒く塗装をしたモールを付けると、メッキとはまた違った雰囲気になりメリハリが出て絞まった感じになりました。

IMG_20200221_155445_R

IMG_20200221_155452_R

後ろ側から見ても入庫時の写真と比べてボディの白い色が際立ったように思います。

IMG_20200221_155501_R

今回の様に通常の色と変えることによって雰囲気や見た目が変わるようになります。

ワンポイントでこれだけの変貌を遂げます。

カスタムをお考えでしたら、先ずはご相談ください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/02/25

ポルシェ・カイエンの右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、川崎市よりご依頼頂きましたポルシェ・カイエンになります。

雨の日のご入庫となりましたが、コーティングがしっかりとかかっており車を大切にされていることが伺えますね。

IMG_20200118_113255_R

今回の損傷個所を確認していきましょう。

損傷箇所ですが、右フロントドアに大きい変形が見られます。

フロントドアをメインに接触したのでしょうか、キズはありますがフロントドアロアモールと隙間が空くほどの凹みとなっています。

IMG_20200118_113241_R

正面から見ると損傷による波及を確認することが出来ます。

IMG_20200118_113229_R

更に反対から見ると隙間の空きがよく分かります。

フロントドアの損傷が目立つために分かりにくいのですが、リアドアにも損傷があります。

IMG_20200118_113223_R

では作業を始めていきます。

今回は、フロントドアを新品部品に交換することになりましたので、必要部品を外していきます。

ドアを交換することにより前後のパネルにはボカシ塗装が入ります。

フロントフェンダーにはボカシ塗装が入ることになるので、フロントバンパーとヘッドライトも外していきます。

そうすることによりフロントバンパーやヘッドライトとフロントフェンダーの隣り合う手が入らない場所にもしっかりと塗装をする事が出来ます。

IMG_1199_R

次にリアドアですが、フロントドア側に損傷の波及があり補修をしていきます。

リアドアではボカシ塗装を完了できる範囲の修理でしたのでリアドアの付属部品を外して準備をしていきます。

IMG_20200123_090739_R

フロントドアは新品の部品となりますので下塗りを入れて確実にベースの色が付くようにしてから本塗装をします。

IMG_0478_R

塗装するためのマスキングも1ミリの隙間が出来ないようにエステックカーサービスの塗装スタッフにより施していきます。

IMG_0480_R

ドアのロアパネルも塗装しない場所へのマスキングはしっかりとしていきます。

IMG_0481_R

ここから本塗装をしていきます。

綺麗に塗装が出来ました。

ブース内の明かりによって綺麗に塗装されたのが分かりますね。

IMG_0483_R

IMG_0484_R

綺麗に塗装された後、磨きをする事により更に綺麗に仕上げることが出来、しっかりとした仕上がりとなります。

しっかりとした仕上がりにするためには、塗装の段階できっちりと塗り上げるようにエステックカーサービスの塗装スタッフは作業をしていきます。

しっかりとした仕上がりをお求めならエステックカーサービスにお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>