• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2020/06/18

テスラ・モデルSの左フロント部と左クォーターパネルの修理をしました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたテスラ・モデルSになります。

 

 

今回のご依頼内容ですが、左フロントフェンダーと左クォーターパネルに同タイミングで凹みなどの損傷をしたとの事での修理依頼となりました。

 

 

フロントフェンダーに凹みでの損傷をしたことによってフロントバンパーやボンネットの隙間が違っています。

 

この隙間もしっかりと直していく必要があります。

 

 

次にクォーターパネルですが、一度修理をしてあった為に前回の修理でのパテがしっかりと割れてしまっています。

 

このパテを削り落としながら作業方法を考えていきます。

 

 

では作業を始めていきます。

 

先ずはフロント、サイドそれぞれの損傷状況を確認していきます。

 

フロントバンパーを外してフロントバンパーの取り付け部や、フロントフェンダーを確認していきます。

 

 

するとフロントバンパーの取り付け部に切れている箇所を確認しました。

 

フロントバンパーに限らずリアバンパーの取り付けには写真の様にバンパーを取り付けるためのブラケットにはまるように溝があり、更にボルトによって取り付ける穴もあります。

 

この部分に破損があるとバンパーを取り付ける際にしっかりと取り付けることが出来なくなってしまいます。

 

ですので今回はフロントバンパーを交換していく事にしました。

 

これはどの車種でも同じ状況になった場合は交換をお勧めします。

 

 

次にフロントフェンダーですが切れている箇所を確認しました。

 

この部分はフロントバンパーとの取り付け部となり、走行中にある振動などの影響をしっかりと受けてしまう場所となります。

 

この部分を修理してもいずれまた切れてしまうような影響が出てしまいます。

 

その様な事からフロントフェンダーも新品部品に交換する事になりました。

 

 

クォーターパネルですが、パテを削って状況を確認した所中のパネル本体には大した影響がありませんでした。

 

でも損傷のあるパネルの再鈑金をした後にパテにて整形をする事にしました。

 

 

今回フロントフェンダーとクォーターパネルを修理していく為に隣接しているサイドステップカバーを外していきます。

 

その時にモデルSにはボディ側にウェザーストリップが付いていて、このウェザーストリップは経年劣化にて切れてしまい、こちらは交換していく事になりました。

 

 

ここから下塗りなどの下処理をして本塗装に入っていきます。

 

 

エステックカーサービスの塗装スタッフによって綺麗に塗装が終了しました。

 

これから組み付けと磨き作業をして仕上げます。

 

 

今回はテスラの修理をご紹介しました。

 

エステックカーサービスではテスラもしっかりと対応していく事が出来ますのでお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇