• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2020/03/31

フォルクスワーゲン・ティグアン・5N型の左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、調布市よりご依頼頂きましたフォルクスワーゲン・ティグアン・5N型になります。

IMG_20200313_083848_R

先ずは損傷状態を確認していきましょう。

左側面という事ですが、フロントバンパー、フロントフェンダー、フロントドアにリアドアと広い範囲に損傷が見られます。

作業内容としては、フロントバンパーとフロントフェンダーは修理で、残りドア2枚は部品交換にて修理をしていきます、

IMG_20200313_083857_R

フロントバンパーは部品を外すので部品単品にして修理をしていきます。

IMG_20200313_083901_R

次にフロントフェンダーですが、写真右側にタッチペンにて塗装をされた跡がありますが、凹みが小さいこの部分の修理をしていきます。

IMG_20200313_083920_R

フロントドアとリアドアは先程述べたように交換していきます。

IMG_20200313_083927_R

IMG_20200313_083958_R

ではここから作業を始めます。

先ずは外す工程ですが、この車は前後左右にアーチモールというプラスチック部品が付いています。

バンパーを外す際にはこのアーチモールを外す作業を必要とします。

IMG_1551_R

左側面を塗装するために先程のアーチモールを外してからリアバンパーを外していきます。

またこの車両の場合、リアバンパーにナンバープレートが付いているので再封印が必要となります。

普通車はリアのナンバープレートを外すと再封印が付随作業となります。

IMG_20200318_095653_R

交換するドア2枚を外します。

その後新しい部品を仮組みして取り付け状態を確認していきます。

この作業はドアは前側で取り付けて後ろ側で開け閉めの行動となりますので、ドアが閉まった状態ですと前後で取り付いている事と一緒という事になります。

その為にドアが閉まった状態で損傷される場合の方が大半ですので、ドアパネル以外にも損傷の波及があるかもしれませんので必ず仮組みをして確認する作業はしていきます。

IMG_1558_R

これは損傷したドアパネルの写真ですが、ドアガラスやガラスの上げ下げするレギュレーターと呼ばれる部品などがこのドアの内側に入っているのですが、特段損傷がありませんでしたので再使用します。

IMG_1559_R

一通りの鈑金作業が終了したので、塗装をしていきます。

IMG_1586_R

フロントバンパーですが1本塗装をしました。

IMG_1588_R

ボディの方も綺麗に塗装が完了しました。

IMG_1589_R

IMG_1590_R

これから組み付けと磨きをして作業が終了しました。

IMG_20200328_105122_R

IMG_20200328_105132_R

今回は実際に必要となりうる作業をご紹介しました。

これらをエステックカーサービスのスタッフはしっかりと作業をしておりますのでお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

整備についてはコチラ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>