• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2020/01/29

BMW・3シリーズ・E90のフロント部、リア部の修理をしました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

本日ご紹介するお車は、文京区よりご依頼頂きましたBMW・3シリーズ・E90になります。

 

今回はお客様の持ち込みの社外部品の取り付けと、フロントバンパーの修理となります。

 

お客様から写真を頂きまして純正部品のリアディフューザーを社外品に変えたいとのご要望から始まりました。

 

謝様、1_R

謝様、2_R

 

このやり取りを幾度かしてからご入庫となりました。

 

またご入庫頂く際にも作業のチェックを含めてしっかりとお話をしました。

 

では損傷個所を見ていきましょう。

 

先ずはフロントバンパーですが、左下角周辺を損傷されています。

 

写真では分かりにくいのですがお客様がご自身でスプレーなどを用いて修理されていました。

 

この状態を確認した所下側にキズがあり、変形も確認出来ました。

 

IMG_20200115_143709_R

IMG_20200115_143717_R

 

次にディフューザー部ですが、ご入庫頂いた時にはお客様によって新しい部品が簡易的に取り付いている状況でした。

 

この時には無塗装状態でしたので黒く塗装をする事になります。

 

IMG_20200115_143639_R

IMG_20200115_143652_R

 

これから作業に入ります。

 

先ずは新しいディフューザーをしっかりと取り付ける為に合わせと取り付け箇所の加工などをします。

 

この合わせ作業が終了したらディフューザーの下処理をして本塗装をします。

 

これにてディフーザーの本塗装が終了しました。

 

IMG_0442_R

 

次にフロントバンパーですが下側の修理となるので車のフロント側を上げての修理となります。

 

作業の際は常に下からのぞき込むような体制での作業となりますが、エステックカーサービスの塗装スタッフはどのような体制でも綺麗に仕上げていきます。

 

お客様のご要望により部分補修となりましたが、下の一部の修理ですがこの範囲まで塗装を必要としました。

 

部分補修で対応するときには、損傷箇所の周りのみで修理をする事は難しいのです。

 

例え部分補修と言えど仕上がり重視のエステックカーサービスでは、作業範囲が今回の様に広くなることがあります。

 

但し状態や損傷個所によって作業方法は変わりますので、作業方法につきましてはご相談ください。

 

IMG_20200118_084217_R

 

リアの部品を取り付けて磨きをへて作業が完成しました。

 

IMG_20200125_104712_R

IMG_20200125_104719_R

 

今回の様にお客様とのお話しをしっかりしてから作業をさせて頂いております。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

整備についてはコチラ!