• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2020/01/27

ジャガー・XJ・X350系の右リアドアを修理しました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたジャガー・XJ・X350系になります。

 

このお車はオールアルミニウムボディになります。

 

S__10076166

 

では、損傷個所を確認していきましょう。

 

損傷箇所は右リアドアと右クォーターパネルに白くキズが見られますが、この白い物は接触した物の色になりましてクォーターパネルの方は磨きをしたところ色が落ちる状態でしたので、特段の鈑金作業はせずに済みました。

 

しかしリアドアに関しては凹みも確認出来ましたので、鈑金修理をしていきます。

 

S__10076164_R

 

白い部分だけ見るとかなり広い範囲にキズと凹みを確認できます。

 

クォーターパネル同様、磨きをして白い部分をなくしながら細かくキズのある部分と凹みのある部分を確認していきます。

 

今回の様に接触した物の色が付く場合があります。

 

このような場合でもキズが付いているように思えますがご依頼時に一緒に確認して頂く事をお勧めします。

 

S__10076168_R

 

では作業を開始します。

 

このリアバンパーは再塗装をされた経歴が見当たりましたが、エステックカーサービスの鈑金スタッフによるデントリペアを併用した作業によりサンディングを必要とする作業の範囲は小さくすることが出来ました。

 

今回の様にサンディングする範囲が小さくなったりパテを付ける範囲が小さくなったり、ボカシ塗装を必要とするなかで塗装の範囲を小さくすることが可能になる事もあります。

 

エステックカーサービスでは新車同様に直すことを理念としていますので、その中で高品質を求めていく作業を心がけています。

 

写真様に整形前のサンディングの範囲を見てもこの範囲で収まりました。

 

IMG_1065_R

 

パテを付けての整形をしていきますが、最初の損傷状態だとフロントドアまでボカシ塗装を必要と思っていたものがフロントドアまで塗装をする必要が無くなり、パネル1枚分小さい範囲で作業を終えることが出来ます。

 

IMG_1066_R

 

本塗装に入りますが、隣接パネルにボカシ塗装を必要としましたのでクォーターパネル部も塗装をしていきます。

 

IMG_0415_R

 

塗装が完了しました。

 

綺麗に仕上がっています。

 

IMG_0416_R

IMG_0419_R

S__10076165

 

デントリペアを併用する鈑金作業が出来る鈑金工場は少ないと思います。

 

品質をお求めになられる場合も、エステックカーサービスにご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

整備についてはコチラ!