• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2019/10/29

アウディ・A3・スポーツバックの右側面の修理をしました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

本日ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼いただきましたアウディ・A3・スポーツバックになります。

 

このアウディ・A3は3代目となり2代目A3と比べるとMMIが標準装備となり、サイドブレーキは電磁化されるなど、ボディは先代と比べると多少大型化され、同時にホイールベースも60mm拡大されたことで、室内と後席のスペースが広くなったようです。

 

また実は現行の7代目ゴルフと共に、VWグループの新しいモジュール戦略「MQB」に則って開発されたモデルのようで、プラットフォーム、パワートレイン、装備といった構成要素(モジュール)をゴルフなどと共有化され超軽量設計により車両トータルでは最大で60kg軽くなっている車両となっています。

 

IMG_20190924_085030_R

 

損傷個所の確認ですが、右リアドア及びロッカーパネルの損傷になります。

 

IMG_20190924_085037_R

 

角度を変えて見てみますが、ロッカーパネルの角の部分はかなりの変形が見られます。

 

また、下側に見られる薄く黄色い物も確認できます。

 

これについては後程説明します。

 

IMG_20190924_085109_R

 

ドアを開けて内側を確認しますが、内側にも損傷の波及が見られます。

 

これを鈑金修理で対応していきます。

 

IMG_20190924_085054_R

 

早速鈑金後の状態になりますが、エステックカーサービスの鈑金スタッフによって細かなラインをも再現しました。

 

リアドアは新品部品を使用したので、リアドアを取り付けて確認していきます。

 

IMG_0075_R

 

その後、パテを付けて整形をしていきます。

 

ここでしっかりと形が戻っていることを確認できました。

 

IMG_0089_R

 

実際パテが付いた場所を確認しますが、内側にもパテが付いていることが確認できます。

 

内側まで修理をした場合の仕上げ方をこの後追ってご紹介します。

 

IMG_0092_R

IMG_0090_R

 

パテ作業が完成したのでサフェーサー塗装をします。

 

IMG_0095_R

 

先程薄く黄色い色のものを確認しましたがこれは何かといいますと耐チップというものになります。

 

そもそも耐チップとは何かといいますと、ボディフロア下面、ホイールハウス内、そしてサイドシルなどに、石跳ねなどによる塗膜のダメージを防ぐために塗られるもので、この塗装の上にボディカラーを塗装していきます。

 

この部分がザラザラしている車両はこのような塗装が施されています。

 

IMG_0128_R

 

塗装に入りますが、先ずはロッカーパネルの内側を部分的に塗装していきます。

 

ここではボカシ塗装をするので仕上げるためには磨きが必要となります。

 

IMG_0880_R

 

新品部品のドアにサフェーサー塗装をします。

 

IMG_0881_R

IMG_0882_R

IMG_0883_R

IMG_0889_R

 

これで全ての塗装が完了しました。

 

これで、組み付けと磨きをして作業が完成します。

 

IMG_0892_R

 

形だけでなく塗装も綺麗に仕上がっています。

 

IMG_20191005_110850_R

 

もしかしたら耐チップのような塗装は気にならないかもしれません。

 

しかし、エステックカーサービスでは見落とすこともなくしっかりと作業いたします。

 

ご安心してお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしています。