• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2019/10/22

ロールス・ロイス・ファントムVIIの左側面とリアバンパーを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、港区よりご依頼頂きましたロールス・ロイス・ファントムVIIになります。

ロールス、1_R

「ファントム」は、ロールス・ロイスの最上級サルーンに使われてきた名称で、パルテノン神殿をモチーフとした大型のフロントグリルを始めとする特徴的なデザインが引き継がれた車両です。

グリルの存在感は見事です。

ロールス、9_R

こんかいの依頼内容ですが、リアバンパーを損傷され変形と塗装のひび割れが確認でします。

また、フロントドアとリアドアに変形が見られます。この3カ所の修理となります。

ロールス、3_R

ロールス、2_R

先ずは必要な部品を外していきます。

リアバンパーは変形を修理する為に外すわけですが、リアバンパー内側から高熱を当てながら変形を修理する作業をしていきます。

変形の具合によりますが、基本的にプラスチック部品の変形修理の作業方法として内側から高熱で温めながら変形を戻していく作業が出来ます。

その後熱を冷まして硬くなったところにパテなどで最終的に形を出していきます。

IMG_9647_R

パテが付いてサンディングしている途中ですが、熱をかけての変形修理には十分な気を使いながら作業する為しっかりと時間をかけて修理します。

IMG_9653_R

次にドアですが、このドアコーチドア(観音開き)になっています。

作業自体はどの車両も一緒ですが、フロント、リア両方開いてしまう為、フロントドアのみを開けて作業するようにマスキングで室内にパテ粉等入らないように養生します。

IMG_9648_R

成形作業が終了しましたのでサフェーサーを塗装し、細かいキズもとっていきます。

その後塗装する部分を塗装する準備をしていきます。

DSCN2365_R

ドアの方もサフェーサー塗装して準備をします。

ドアの塗装をする為にドアハンドル等を外していきます。

これはドアを開ける際に見て頂くと分かりますが、ドアハンドルを引いたときに色が付いた部分が見えます。

ここまで塗装をしなければ塗装剥がれの原因になってしまう為にドアハンドルを外して塗装します。

DSCN2363_R

ここから本塗装をしていきます。

塗装後の状態ですが変形がしっかりと治った状態で艶のある仕上がりとなりました。

DSCN2367_R

リアバンパーのフックカバーも忘れずに塗装します。

DSCN2368_R

ここで磨いていきますが、ロールス・ロイスの塗装の肌が鏡の様に凹凸感が無い表面となっています。

磨きという作業は、綺麗にするだけではなく塗装の肌も車両に合わせる様に磨くことを作業としています。

今回の様な肌の場合、磨きだけでも時間がかかってしまいます。

しかし、エステックカーサービスの塗装スタッフはしっかりと肌に合わせる磨きも出来ますのでしっかりと仕上がります。

IMG_9723_R

IMG_9721_R

作業の完成した所ですが、綺麗に仕上がっております。

どのお車でも元に戻ったように仕上がる作業が出来るスタッフがエステックカーサービスにはいます。

ご安心してお任せください。

皆様からのご一報お待ちしています。

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>