• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2019/07/26

BMW・F30・3シリーズ(第6世代)のフロントバンパーと左側面を修理しました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

本日は三鷹市よりご依頼いただきましたBMW・F30・3シリーズ(第6世代)の修理をご紹介します。

 

IMG_4798_R

 

今回の車両は損傷個所が2カ所になりまして、先ずはフロントバンパーになります。

 

左右の側面にキズが見られ、フォグランプカバーのナンバー側にもキズを確認することが出来ます。

 

キズ自体は違う場所にありますが、塗装はフロントバンパー1本になります。

 

IMG_4799_R

IMG_4800_R

 

次の損傷箇所ですが、左リアドアからリアのタイヤハウス及びロッカーカバーにかけての損傷になります。

 

IMG_4804_R

 

アップにするとリアドアには変形も見られます。

 

IMG_4803_R

 

では作業に入ります。

 

先ずはフロントバンパーを外して修理する準備をします。

 

IMG_8995_R

 

次に左リア廻りを修理していきますが、先ずはロッカーカバーを外します。

 

その後、リアドア及びリアタイヤハウスの修理をしていきます。

 

エステックカーサービスの鈑金スタッフは、写真では分かりにくい損傷をキチンと確認し修理をしていくしっかりとした目を持っています。

 

その目で見落としが無いように作業をしていきます。

 

IMG_8990_R

 

リアドアは、ドアハンドル等を外して塗装をするため分解をします。

 

また左クォーターガラスは塗装の仕上がりを完璧にするために外しておきます。

 

IMG_8993_R

 

フロントバンパーの修理ですが、場所的に飛び石等もある為全てのキズを拾うように修理をしていきます。

 

IMG_0522_R

 

ロッカーカバーはキズがメインでしたのでサンディングによりキズを落とし、サフェーサー塗装をしていきます。

 

IMG_0520_R

 

上のパテが付いた写真からサフェーサー塗装をした写真を見比べていきますと、サフェーサーの範囲がかなり広く塗装されたように感じると思います。

 

パテ処理をする際、1回目に付けたパテをサンディングした後、2回目のパテは1回目より広い範囲で付けることになります。

 

これは残っている塗装から素材の鉄板までの間はテーパー状に段差が出来ます。

 

目に見にくいわずかな段差ですがこの段差をパテを使って均一の高さにしていく為です。

 

ただこの時に1回目のサンディングによって出来た僅かな段差も2回目のパテで修正していく為に広い範囲になってしまいます。

 

最後にサンディングした時にできたペーパー跡までサフェーサーで消していく為に下の写真のような広い範囲のサフェーサー塗装になるという事です。

 

IMG_8997_R

 

ロッカーカバーへのサフェーサー塗装は必要な範囲をしました。

 

IMG_0527_R

 

フロントバンパーは細かなキズも修理したために1本サフェーサー塗装をしました。

 

IMG_0524_R

 

リアドアへのサフェーサーの範囲から、フロントドアへのボカシ塗装をしていきます。

 

IMG_0534_R

 

塗装後の状態です。

 

綺麗に仕上がっています。

 

IMG_0537_R

 

フロントバンパー、ロッカーカバーそれぞれも綺麗に塗装が仕上がっています。

 

IMG_0532_R

IMG_0533_R

 

最後に組み付け及び磨きをして作業が完成しました。

 

IMG_20190716_095459_R

IMG_20190716_095513_R

IMG_20190716_095556_R

IMG_20190716_095606_R

 

上の写真の様に損傷箇所全てが綺麗になったことにより新車の時の様に戻っています。

 

ここまでの作業時間もエステックカーサービスでは短時間で作業をする事が可能です。

 

ご心配等ありましたら先ずはご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしています。