• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2021/06/30

ミニ (BMW)クラブマン・クーパー Sの側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、府中市よりご依頼頂きましたミニ (BMW)クラブマン・クーパー Sになります。

 

 

 

修理依頼内容ですが、壁に接触した際に出来たフロントアーチモール、フロントフェンダー、フロントドアの損傷を修理していきます。

 

フロントアーチモールとフロントフェンダーには、キズがありますが大きな損傷ではありませんでした。

 

その中でフロントアーチモールですが、塗装がされてない素地の部品となるので部品を交換する事になりました。

 

またフロントフェンダーはキズだけではなく、多少ですが凹みもあったので鈑金修理をしていきます。

 

 

次にフロントドアですが、主にドアミラーに接触したようでフロントドアには直接的な損傷はありませんでしたが、ドアミラーに接触したようでドアミラーのベースに変形が見られカバーにキズが出来ていました。

 

ドアミラーに当たった際、フロントドアの取り付け部が変形してしまいました。

 

この部分はドアミラーの取り付け部となり、また配線が通る穴などがある為に、ドアミラーを外すと穴が空いています。

 

この穴の付近が変形していますが、鈑金修理をするこてゃ可能ですが、完璧な作業が出来たとしても雨などの状況の時に水がドアも内側に入ってしまう事が考えられます。

 

その事からフロントドアは交換し、水漏れなどが無い様にします。

 

 

 

接触の際の衝撃が大きかったのでしょうか、フロントドアの水切りモールに当たった様でしっかりと凹んでいるのが確認出来ましたので交換する事になりました。

 

 

状態の確認が完了したので、ここから修理に入っていきます。

 

先ずはフロントフェンダーを修理する中で、アーチモール取り付け部にあるプレスラインにまで修理が入る事から、フロントアーチモールは外しておきます。

 

またこれと同時にフロントフェンダーに付いている付属の部品も外します。

 

 

フロントアーチモールを外すためには、ステップカバーを事前に外しておくことが必要となります。

 

ミニの場合、ステップカバーを外すためにロッカーパネル上部に取り付いているキッキングプレートも外す必要があります。

 

このキッキングプレートは素材自体は薄いのですが、しっかりと両面テープによって取り付けられています。

 

その為にプレートを外そうとすると変形してしまうために交換が必須となります。

 

 

フロントドアのボカシ塗装をするパネルとしてリアドアがあります。

 

このリアドアもドアハンドルなどの付属の部品を外しておきます。

 

 

 

ここで新品のフロントドアをボディに仮組みし、損傷の影響が出ているところが無いか確認し。防錆塗装をしていきます。

 

フロントフェンダーの修理と、フロントドアの防錆塗装が完了した後フロントドアを下塗りをしてボディに取り付け本塗装をする準備をしていきます。

 

 

 

マスキングなどの下処理をしてから本塗装をしていきます。

 

この段階でしっかりと塗装をする事が出来ました。

 

 

最後に組み付けと磨きをして作業が終了となりました。

 

 

今回はミニの特徴も含めた作業をご紹介しました。

 

エステックカーサービスではしっかりと仕上げる事の出来る経験値があります。

 

鈑金塗装の事ならエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/06/28

アルファロメオ・ジュリアのフロントバンパーを交換しフロントフェンダーを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、新宿区よりご依頼頂きましたアルファロメオ・ジュリアになります。

 

 

修理依頼箇所ですが、右フロント部になりましてフロントバンパーからフロントフェンダーにかけての損傷を修理します。

 

 

フロントバンパーとフロントフェンダーの取り付け部と、バンパー側面にキズと凹みが確認出来ます。

 

またフロントフェンダーに凹みが出来た影響で、取り付け部分の他の部分が開いてしまっています。

 

この部分に関しては、フロントバンパーを外した際に状態を確認していきます。

 

 

 

損傷状態の確認が終了したので、ここから作業に入っていきます。

 

先ずはフロントバンパーを一部外してフロントフェンダーを修理していきます。

 

 

フロントフェンダーの修理を始めたら端の部分が切れているのを見つけました。

 

このフロントフェンダーはアルミ素材の部品となりますが、アルミ溶接をして修理をする事にしました。

 

 

フロントフェンダーを修理する際に形もさることながら、取り付け部も確認する必要がある事と作業の流れを考え、フロントバンパーに下塗りをする事にしました。

 

 

下塗りが完了したフロントバンパーを仮組みしながら取り付け部の確認も含めてフロントフェンダーの整形をしていきます。

 

これと同時作業としてフードとの隙間などの確認と、反対側のフロントフェンダーとの合わせも確認していきます。

 

 

全ての部位のチェックと、フロントフェンダーの整形が終了した後サフェーサーを塗装していきます。

 

 

フロントフェンダーに塗装したサフェーサーをサンディングし、パテ作業の際に出来たサンディング跡などをしっかりと消していきながら本塗装をする準備をしていきます。

 

またそれと同時にフロントバンパーも下処理をして本塗装に移っていきます。

 

 

 

 

本塗装が終了した後、取り付け部をしっかりと確認しながら組み付けていき、磨きをかけて作業が完了しました。

 

 

今回はアルミ素材の部品を修理した作業を見て頂きました。

 

エステックカーサービスの熟練した鈑金スタッフによる作業によりしっかりと元に戻りました。

 

鈑金塗装はエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/06/24

BMW・3シリーズ・F31の左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたBMW・3シリーズ・F31になります。

 

 

今回の修理依頼内容ですが、壁に接触しておきな損傷をしてしまった左側面を修理します。

 

損傷箇所としては、フロントバンパーからリアバンパーにかけて損傷しています。

 

フロントバンパーは、キズの始まりという事で変形はありませんが塗装が削れてしまっています。

 

フロントフェンダーは接触した際に出来た変形や歪が出来ています。

 

 

フロントドアですが、端から端までキズがありますが前側の部分に大きな接触があったようで、パネル自体に穴が開いてしまっている状態でした。

 

 

またリアドアもフロントドアと同じようにキズがありますが、このキズを近くで見るとパネルが切れてしまっています。

 

 

 

クォーターパネルですが、タイヤハウスに穴が開いているのが確認出来、更に上側には凹みも出来てしまっています。

 

 

この様に切れと変形がある今回の場合には、ドアを開けた内側にも損傷の影響がありました。

 

 

最後にリアバンパーですが、こちらは接触した際にバンパー本体が切れてしまっています。

 

損傷状態を部位ごとに確認していきましたが、フロントバンパーとクォーターパネルは修正と鈑金作業をしていく事になり、フロントフェンダー、フロントドア、リアドアとリアバンパーは交換する事になりました。

 

 

状態確認が終了したので、ここから作業に入っていきます。

 

先ずはクォーターパネルの修理から見て行きます。

 

状態は穴が開いて変形していましたが、この部分のパネルを切って外してしまいます。

 

その後変形した部分を専用の治具を使用して形を出し、穴の開いた部分を新しいパネルを必要なサイズにカットして合わせて付けていきます。

 

 

 

合わせて付けたパネルを隙間なく溶接していき、溶接の出っ張った部分をカットする事により形を出す鈑金作業が完了します。

 

 

今回は穴の開いた部分以外に凹みがありましたので、そちらも鈑金作業で形を出していきます。

 

 

一通りの鈑金作業が終了した所ですが、しっかりと形が出来ているのが確認できます。

 

その後パテでの細かい成形をしますが、内側も修理をしている為に新しいドアを取り付けて何度となく開閉をし仕上げるサンディングをします。

 

 

 

また新しい部品を取り付ける際に、接触の強さがありましたので新しいパネルの取付部を全て確認しながら取付作業をしていきます。

 

そこで不具合が見つかれば、その不具合に対応した作業をしこの段階で仕上がりを確認していきます。

 

 

クォーターパネルに関しては、パネルの半分近くまでパテが付きましたが、鈑金スタッフの長年の経験値によりしっかりと形を出すことが出来ました。

 

 

パテ作業が終了した後は、サフェーサーを塗装して本塗装への準備をしていきます。

 

このサフェーサーによりサンディングした時に出来るサンディング跡を消していきますが、細かい調整もしていきます。

 

またこれと同時に新しいパネル全てに防錆塗装をしてスピーディーに作業を進めていきます。

 

 

 

ここから本塗装に入っていきますが、ボディ本体から塗装をしていきます。

 

クォーターパネルは内側も一緒に塗装をしていきます。

 

同時に塗装をすることにより、新車の様な仕上がりとなります。

 

 

 

ここからは外せる部品全てをそれぞれ塗装していきます。

 

 

 

 

 

 

最後に塗装した部品を組付け、磨きをしたら作業が完了となりました。

 

しっかりと仕上がっているのが確認できます。

 

 

 

またクォーターパネルに関しては、内側までしっかりと仕上がっています。

 

 

今回は損傷の大きいお車で、パネルの一部交換を見て頂きました。

 

エステックカーサービスでは、この様な難しい作業もしっかりと仕上げる技術があります。

 

損傷されましたら先ずはご相談下さい。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/06/23

BMW・2シリーズ・F45の左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、府中市よりご依頼頂きましたBMW・2シリーズ・F45になります。

 

 

今回のご依頼内容ですが、壁に接触した際に出来たリアドアからクォーターパネルにかけての修理となります。

 

先ずは大きい損傷になっている左リアドアから見ていきましょう。

 

フロントドア側から当たっていて、凹みや歪みが出来ています。

 

更にクォーターパネルまでキズと凹みが出来ているのが確認出来ます。

 

ここまで大きな損傷になると修理をするのはかなり難しい為に、ドア本体は交換する事になりました。

 

 

クォーターパネルには、リアバンパーの取り付け付近までキズと凹みが確認出来ますが、こちらは鈑金修理をしていく事になりました。

 

 

状態確認としては、リアドアの損傷によりドア上部が外側に開いてしまっています。

 

 

最後に左ロッカーカバーにもキズがありますが、こちらは部品を外して単体にし修理をしていきます。

 

 

状態の確認が終了したので、ここから修理を始めていきます。

 

先ずはクォーターパネルの鈑金から始めていきます。

 

リアドアのクォーターパネルとのラインが大きな損傷では無かった為に、凹みを直すことに必要な基準がある為に来ぞ的な修理をしておきます。

 

 

パテを付ける所まで作業をしてから、交換する新品のリアバンパーを仮組みし、リアドアの取り付け部に影響が無いかを確認しながらクォーターパネルの整形を続けていきます。

 

 

 

パテでの整形が終了した後、サフェーサーを塗装していきます。

 

 

次にろかーカバーを外してサンディングしキズを消していきます。

 

この場所のキズは深くキズが付いていなかったために、サンでイングが終了した後はサフェーサーを塗装します。

 

 

修理をした部分にサフェーサーを塗装しながらテールランプやリアバンパーを外し、本塗装をする為の準備をしていきます。

 

 

ここまでの本塗装をする為の準備が終了したので、ここから必要箇所全ての部位に本塗装をしていきます。

 

 

 

 

リアドア、クォーターパネル、ロッカーカバー、更にボカシ塗装をしたフロントドアそれぞれが綺麗に塗装が出来ました。

 

塗装後の乾燥をしっかりとしてから組み付けと磨きをして作業が完了となりました。

 

 

 

 

今回は部品交換が必要となった箇所と、修理で対応した部分を見て頂きました。

 

損傷箇所や損傷状態によって作業方法が変わりますが、エステックカーサービスでは最善の修理方法で対応しております。

 

損傷されましたらエステックカーサービスにご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/06/22

ジャガー・Xタイプのフロント部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、横浜市よりご依頼頂きましたジャガー・Xタイプになります。

 

 

修理依頼内容ですが、バックしてきた車により接触したフロント部の修理となります。

 

フロントバンパーが潜った形となったのでしょうか、フロントバンパーの上部が擦れ変形しています。

 

またフロントナンバープレートにも接触していて、ナンバープレートが変形し取り付けもズレてしまっています。

 

この事からフロントナンバープレートを再交付して新しい綺麗なプレートにします。

 

 

またフロントグリルにも当たった跡があり、右ヘッドライトのレンズが割れてしまっています。

 

 

ヘッドライトは左右共に割れてしまい、左側に関してはレンズの取り付け部の爪が折れてしまっていましたので左右共交換します。

 

 

 

ボンネットを開けて内側の状態を確認すると、フロントバンパーの取り付け部が割れてしまい接触した大きさが分かる損傷箇所となります。

 

 

 

またエアコンのコンデンサにも当たり、フィンが潰れてしまっています。

 

この状態ですと、この部分からエアコンガスが漏れてしまう事がありますので交換をします。

 

 

次にフードの左側ですが、フロントバンパーに接触した際にフロントフェンダーに力がかかり、フロントフェンダーがフードに当たり変形をもたらした損傷がありました。

 

以上の事から、修理方法としてはフードは修理しそれ以外の確認出来た損傷した部品は交換する事になりました。

 

またヘッドライトが割れたりフロントバンパーの取り付け部が割れたりと、損傷の影響が内側の部分にもありそうですのでこの部分に関しては作業しながら確認をしていきます。

 

 

一通りの確認が出来ましたので、ここから修理を始めていきます。

 

先ずはフロントバンパーを外し、内側の影響を確認していきます。

 

 

最初の段階でエアコンのコンデンサーに損傷が確認できていましたが、フロントバンパーを外してみたらラジエータの取り付け部が折れて損傷しているのが確認出来ましたので交換をします。

 

 

次にヘッドライトを外した所、HIDが組まれているのが分かり新品のヘッドライトにもこのHIDを組みなおす必要がありました。

 

 

更に右側のヘッドライトの取り付け部に影響があり、塗装が割れてしまっていましたので修理をします。

 

 

損傷の確認が一通り終わりましたので、ボンネットから修理をしていきます。

 

 

ボンネットを修理しながら塗装するために全体を見ていくと、飛び石などの塗装剥がれを確認しました。

 

ボンネットは一枚丸っと塗装をしますので、全ての塗装剥がれも一緒に修正をし綺麗に塗装できるように準備をします。

 

 

 

ヘッドライトの取り付け部、ボンネットなどを修理が完了した後、本塗装をする準備をしていきます。

 

 

準備が完了した後、フロントバンパー、ボンネットと本塗装をします。

 

 

 

本塗装が終了したらラジエーターとコンデンサーを交換し、全ての部品を組み付け磨きをして作業が完了となりました。

 

 

 

 

今回は一事故での外装のみでなく内側への影響を見て頂きました。

 

損傷状態によっては見えない部分絵の影響が必ずありますが、エステックカーサービスでは見落とすことが無くしっかりと修理をしています。

 

事故をされましたらしっかりと対応しているエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/06/20

メルセデス・ベンツ・GLCクラス・X253の右リア部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたメルセデス・ベンツ・GLCクラス・X253になります。

 

 

今回のご依頼内容ですが、車との接触による損傷の修理となります。

 

相手車が脇から出てきた際にこちらのリアドアから後ろ、リアバンパーまで当たった様です。

 

その事から一番最初に当たったリアドアの損傷は激しく、凹みと歪が出てしまっています。

 

またこのリアドアはアルミ部品となり、プレスラインの変形などを修理する事が難しく交換する事になりました。

 

 

 

 

 

また右リアアーチモールにはキズがあり、素地の部品となりますので交換する事になりました。

 

 

続きでリアバンパーにもキズがあり、修理塗装する事になりました。

 

 

最後にアルミホイールにも接触した跡があり修理をする事になりました。

 

 

ここから作業を始めていきます。

 

先ずは交換する新品のリアドアを仮組みして、リアドア以外に影響が出ていないか確認をします。

 

今回は他への影響が見られなかったのでフロントドアとクォーターパネルにボカシ塗装をする準備をしていきます。

 

クォーターパネルを塗装する際にクォーターガラスの取り付いている部分の隙間にもしっかりと塗装をする為に、クォーターガラスを外します。

 

 

またリアバンパーを外すために、左右のテールランプを外します。

 

これはリアバンパーが取り付いている部分がテールランプの下側にもあるのですが、テールランプを取り外さずにリアバンパーを外そうとした場合にバンパーの取り付け部を壊してしまう事があります。

 

その様な事が無くしっかりとした状態で外せるようにテールランプを外します。

 

 

リアバンパーを外した後、損傷部分を修正しサフェーサーを塗装します。

 

 

ボディの方はボカシ塗装するフロントドアとクォーターパネルの取り付いている部品を外し、本塗装をする為の準備をしていきます。

 

今回はクォーターパネルからの続きパネルとして右ルーフサイドまで塗装をします。

 

準備が完了した後本塗装をしていきます。

 

 

次にホイールですが、車両からホイールを外し修正します。

 

修正が完了した後塗装をし、ボディと同じように磨きをしてホイールの修正が完了となります。

 

 

本塗装が完了し組み付け磨きをして、一通りの作業は完了となります。

 

ただこの車両には前後ドアの端の部分にドアエッジモールが貼られています。

 

このドアエッジモールも修理をする際に取り外したために、新品部品にて交換をしました。

 

 

 

 

今回は、部品の素材による部品交換と修理した箇所を見て頂きました。

 

事故による損傷の場合には、損傷の影響箇所をしっかりと確認して作業をしていますので、新車同様になるよう作業をしております。

 

事故をされましたらお声をおかけください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>