• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2021/09/23

ポルシェ・カイエン・957型のリアドアの修理をしました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、東大和市よりご依頼頂きましたポルシェ・カイエン・957型になります。

 

 

今回の修理依頼箇所ですが、ポールに接触したリアドアとリアのアーチモールになります。

 

 

リアドアはしっかりとキズが付いていますが、多少の凹みで済んでいるようです。

 

キズを取りながら少しの凹みを修理していきます。

 

アーチモールに関しては、素地のプラスチック部品となり交換する必要があります。

 

 

また接触した際にリアドアのドアハンドルにも接触したようでキズが付いてしまっています。

 

こちらは変形や割れなどがありませんでしたので、修理をする事になりました。

 

 

修理箇所の確認が終了したので、ここから作業に入っていきます。

 

先ずはキズの付いたアーチモールを外します。

 

先程もお伝えしたように、アーチモールはプラスチック部品ですのでバンパーと同様で接触した際は一度変形します。

 

只その後元に戻る性質を持っていますので、取り付け部に影響が出ている場合があります。

 

その点を確認しましたが、今回は影響が無く損傷はしていませんでした。

 

 

次に修理をするリアドアに付いているサイドパネルですが、塗装をする際にリアドアとサイドパネルの隙間に塗料が溜まってしまう場合があります。

 

その様な事にならないためにサイドパネルは外しておきます。

 

 

リアドアの凹みのある部分とキズをサンディングして形状や損傷具合を確認していきます。

 

このリアドアですが、以前修理しているようでサンディングしていたらパテが出てきました。

 

このパテもしっかりとサンディングして段差を無くしながら鈑金修理をしていきます。

 

 

その後パテを使用しての整形をしてからサフェーサーを塗装し、塗装をする為の準備をしていきます。

 

サフェーサーをサンディングしていく際にも表面だけではなく、アーチラインも出していく作業をします。

 

整形の各作業で完璧に出来るように作業をしていき、それと同時に下処理をしていきます。

 

 

今回の修理箇所が、クォーターパネルとの隣接部にかかりましたので、クォーターパネルにもボカシ塗装をする為に準備をします。

 

その後マスキングをしっかりとして、本塗装をしていきます。

 

 

またドアハンドルですが、この部品はドアを開閉するために手がかかる部分になります。

 

その為に細かいキズなどがありますので、ドアハンドル本体全てを修理をしてからサフェーサーを塗装をしていきます。

 

その後塗装がしやすい様に塗装スタッフが考えた台にセットしてから本塗装をしていきます。

 

 

ボディ、ドアハンドル共に綺麗に塗装がされました。

 

 

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完了となりました。

 

 

 

今回は全ての損傷の中でも損傷しやすい箇所の作業を見て頂きました。

 

ポルシェの修理は数多くしておりますので、ポルシェの修理はお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/09/20

シボレー・カマロ(6代目)の右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたシボレー・カマロ(6代目)になります。

 

 

今回の修理依頼箇所ですが、ポールに接触した際に凹みや変形をしたクォーターパネルとサイドステップの取り付け部とリアのアルミホイールになります。

 

 

 

近くで見るとクォーターパネルのプレスラインに凹みが出来ています。

 

この部分を損傷している場合、サイドステップの内側も損傷している事とプレスされている形状からしっかりと鈑金修理をしていきます。

 

それと同時にアーチラインにも影響があり、変形していますので鈑金修理をしていきます。

 

 

サイドステップの損傷がキズがメインになっていて変形が少ないことから、クォーターパネルの損傷部を上から見ると内側に入っている事が確認出来ます。

 

 

最後にアルミホイールですが、キズが付いてしまっていますがタイヤには影響がありませんでした。

 

 

今回のご依頼としてしっかりとした作業をご希望の為に、先ずはクォーターガラスを外します。

 

何故クォーターガラスを外すかというと、ガラス本体は専用のシーリングを使用して接着されています。

 

只この接着部とガラスの隅には隙間があります。

 

この隙間に砂やホコリなど異物が入っていて、エアーを使ってこの部分を吹き付けた場合砂などが出てきてしまう事があります。

 

これが塗装時に出てきた場合、もう一度下処理からし直す必要が出てきてしまいます。

 

それが無い様にガラスを外して内側まで下処理が出来るようにガラスを外します。

 

 

次にサイドステップを外してから鈑金修理をしていきます。

 

ここではステップを何度となく仮付けして形を見ていく作業を繰り返します。

 

この作業を手を抜かずに丁寧にしていきます。

 

 

 

またクォーターパネルの鈑金修理と同時にテールランプとリアバンパーも外していきます。

 

ここではテールランプを外す為にはトランク内の内張りを外す必要があり、リアバンパーを取り付けるブラケットも外して見えない部分にもしっかりと塗装するように部品を外します。

 

 

クォーターパネルの損傷部ですが、タイヤハウス側のインナーパネルに影響がありましたので、同時に鈑金修理をして削り落としたシーリングもして塗装をする準備をします。

 

先にこの部分を塗装してから外装を塗装をしていきます。

 

 

次にサイドステップですが、多少の変形と共にキズも修理してサフェーサーを塗装していきます。

 

ここまでで一通りの修理が完成となりましたので、本塗装をする準備をしていきます。

 

 

ボディの方はルーフサイドまで塗装をする事により新車同様の仕上がりに向けていきます。

 

 

これにて本塗装をします。

 

 

 

塗装後にしっかりと乾燥させた後組み付けていきます。

 

今回は同時依頼を頂いていて、ボディコーティングとウインドウガラスコーティング、ホイールコーティングも施工して修理が完了となりました。

 

新車同様に仕上がった上に、ピカピカになりました。

 

エステックカーサービスではコーティング関係のご依頼も受けておりますのでご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/09/18

アウディ・A7のフロントフェンダーを交換しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたアウディ・A7になります。

 

 

今回の修理依頼内容ですが、事故により左フロントフェンダーに凹みの損傷を負ったとの事でのフェンダーを修理します。

 

A7のフロントフェンダーはアルミ素材となります。

 

今回の損傷箇所がフェンダー上部の上プレスラインを中心に大きく凹んでいます。

 

この部分が凹んだ場合、ボンネット側のプレスラインも変形してしまいます。

 

以上の事から修理での対応が難しいと判断し、交換をする事になりました。

 

 

作業内容として、ボディカラーがパール入りのホワイトとなる為にフロントドアにボカシ塗装をします。

 

その際にフロントフェンダーとフロントドアの下側にストーンガードテープが貼ってあります。

 

このストーンガードテープを剥がして塗装をし、最後に新しい物を貼っていきます。

 

 

 

作業個所の確認と作業方法を確定しましたので、ここから作業を始めていきます。

 

先ずは損傷しているフロントフェンダーを外すために必要な部品を外していきます。

 

最初はフロントバンパーでとなりますが、外す際に他の部分にキズを付けないようにヘッドランプにマスキングをしてから外していきます。

 

 

フロントバンパーが外れた後、交換するフロントフェンダー側の左ヘッドライトを外します。

 

 

次に左ロッカーカバーを外します。

 

この部品が外れたことによりフロントフェンダーを外すことが出来るようになります。

 

 

A7のフロントフェンダーにはウォッシャーホースが通っていてこのホースを外す必要がありました。

 

その為にカウルトップカバーを外してウォッシャー液の入れ口を見えるようにし、入れ口に取り付いているホースを外していきます。

 

このホース、フロントフェンダーの取り付け部にある穴を通っています。

 

珍しい構造ですが、この作業をしないとフェンダーが外れません。

 

またホースを外す際にウォッシャー液が少なからず漏れてしまう為、組み付けが完了した後に補充を行います。

 

 

 

ウォッシャー関係を作業する際、隙間が少ない車両になりますのでたいやも外して作業します。

 

フロントフェンダーを外すために、通常よりも工程の多い作業となりました。

 

 

フロントフェンダーが外れた後は、新しい部品を仮組みしながら他への波及が無いかの確認をしながらチリなども確認していきます。

 

今回は他への影響がありませんでしたので、ここから下処理をして本塗装をしていきます。

 

 

フロントフェンダーは一度錆止め塗装をしてから下処理をし、本塗装をしていきます。

 

 

ボカシ塗装をするフロントドアは、しっかりとマスキングをしてミストが他の部分に飛び散らないよう隠してから本当をします。

 

 

塗装が完了した後、しっかりと乾燥させ組み付けていきます。

 

部品を取り外した作業の逆をしていきますので、タイヤを外し一つ一つ確認しながら取り付けていきます。

 

 

最後に磨きをしてからストーンガードテープを取り付けて作業が完了となりました。

 

 

 

 

今回は作業工程の多い作業を見て頂きました。

 

エステックカーサービスではスピーディーに且つ丁寧な作業をしております。

 

損傷されましたら先ずはご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/09/09

ポルシェ・パナメーラ・970のリアドア凹み、ステップ傷、ホイールを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、中野区よりご依頼頂きましたポルシェ・パナメーラ・970になります。

 

 

今回の修理依頼箇所ですが、低い壁に接触されたとの事で、右リアドア、右ロッカーカバーとアルミホイールになります。

 

 

リアドアの損傷ですが、凹みが出来る損傷となっていますが、リアドアには大きなストーンガードテープが貼ってあります。

 

このストーンガードテープの上にも損傷が見られました。

 

次にロッカーカバーですが、リアドアの損傷からするとプラスチック部品となる為に、一度接触した後元の形に戻ってしまっている可能性があります。

 

それを踏まえるとロッカーカバーの取付部品等に損傷がある可能性があります。

 

ここに関しては、ロッカーカバーを外した際に確認する事にします。

 

 

最後にアルミホイールですが、この写真ですと左側にガリ傷が確認出来ます。

 

 

拡大して確認しますが、大きなガリ傷では無いようですので修理にて対応していきます。

 

只リム部の損傷となる為に、タイヤを外しホイールを単体にしてから作業をしていきます。

 

 

確認が終了したので、ここから作業を始めていきます。

 

今回の修理は、先程お伝えした様にホイールはタイヤを外しての作業ですので車両からホイールを外します。

 

またホイールが外れている状態と同時にリアドア及びロッカーカバーを修理していきます。

 

 

ロッカーカバーを外した所で内側への損傷状態を確認しました。

 

今回はロッカーカバーのみの損傷となり、他への影響はありませんでした。

 

ロッカーカバーに関しては、単体のまま修正と塗装をしていきます。

 

 

ホイールの修正ですが、タイヤとの接地面側のリム部まで修正が入りました。

 

その後下処理をして塗装をしていくのですが、タイヤは摩耗する消耗部品となります。

 

タイヤ交換をするのをきっかけに塗装が剥がれてしまったというお話をお聞きします。

 

エステックカーサービスでは、タイヤ交換をしても塗装への影響がない箇所まで処理をします。

 

 

 

最後にリアドアですが、損傷箇所の修理をしながらドアハンドルなど塗装する際にしっかりと仕上げる為に必要な部品を外していきます。

 

パナメーラに関しては、ガラスを含めたドアの内側の部品は一体となっています。

 

他にはあまりない構造となっていますが、幾度となく作業している経験から丁寧に外すことが出来ました。

 

これにてドアハンドルを外すことが出来ました。

 

 

 

リアドアの修理をしていきますが、このリアドアはアルミ素材の部品となります。

 

その事から通常の鈑金作業とは違う方法で鈑金をしていきます。

 

 

パネル本体の修理が完了した後は、パテを使っての成形作業をします。

 

今回の損傷箇所全ての修理が完了した後は本塗装をしていきます。

 

リアドアに関してはドア一枚で塗装が完結するように、パネルをボディから外して塗装をし、ロッカーカバーと共に組付けていきます。

 

 

最後に磨きをし、大きなストーンガードテープを貼って作業が完了となりました。

 

 

 

ホイールもタイヤを組み付け、バランスも取り車両に取り付け完成です。

 

 

今回は、ボディとホイールの修理を見て頂きました。

 

タイヤを外すホイール修理ですと、ボディの修理とは別のタイミングにて修理する事が大半ですが、今回の様に同時に作業出来る事も御座います。

 

修理の作業期間なども含め、先ずはご相談下さい。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/08/31

ボルボ・V70・SB系の右リア部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、武蔵野市よりご依頼頂きましたボルボ・V70・SB系になります。

 

 

今回の修理依頼箇所ですが、車との接触で損傷した右クォーターパネルとリアバンパーになります。

 

 

近くで見るとリアバンパーにキズがあり、リアバンパー本体とサイドモール、メッキモールにキズが確認出来ました。

 

サイドモールとメッキモールを交換して、リアバンパーは修理をしていきます。

 

 

またクォーターパネルからの続きで、2分割されているテールランプの下側にもキズが確認出来ました。

 

これによってテールランプは交換する事になりました。

 

最後にクォーターパネルの凹みは鈑金修理にて対応していきます。

 

 

損傷箇所の確認が出来ましたので、ここから作業を始めていきます。

 

先ずは修正をするリアバンパーを外します。

 

このボルボはクォーターパネル内のフェンダーライナーを外してからリアバンパーを外す流れとなります。

 

ただクォーターパネルとタイヤに隙間が余りない車高となっているので、タイヤを外してから全ての作業をしていきます。

 

 

準備が整いましたのでリアバンパーを外します。

 

リアバンパーを外す際にはレインホースメントがリアバンパーに取り付けられている為に外す際は一緒に外します。

 

その後リアバンパーとレインホースメントを分解します。

 

 

またリアバンパー上部に取り付いているプラスチックのガードもリアバンパーに取り付いている為に外します。

 

 

最後に左右に付いているサイドモールを外します。

 

ここまでリアバンパーに取り付いている部品を外すことによってリアバンパー本体のみになります。

 

 

 

次にテールランプを外しますが、内張りを外してから内張り内にある取り付け部をバラシていきます。

 

 

これにて分解作業が終了となりますので、修正作業に入っていきます。

 

 

最初にボディの損傷箇所を鈑金修理にて直していきます。

 

大きな損傷ではありませんでしたが、キズと凹みがあり塗装が削れていましたので、必要な範囲の塗装を剥がしてパネルを修理します。

 

その後パテを付けて整形をしていきます。

 

この作業をする際には、キズを付ける必要のない部分にはマスキングをしっかりとして作業をしていきます。

 

 

次にリアバンパーを修正していきますが、凹みよりキズの多い損傷でしたのでサンディングをしていきます。

 

リアバンパーの塗装は1本丸ごと塗装をしていきますので、依頼箇所以外のキズも同時に直していきます。

 

 

ボディ、リアバンパー共に修理が終わった後は、サフェーサーを塗装してそれまでのサンディング跡を消しながら本塗装をする為の下処理をしていきます。

 

 

その後、取り付いていた部品を全て外したリアバンパーはそのままで、ボディの方はしっかりとマスキングをして準備をしていきます。

 

 

塗装する全ての箇所が準備が完了した後、本塗装をそれぞれしていきます。

 

 

 

サイドモールは損傷箇所の反対側も塗装をして、組み付けた際にリアバンパー全てを綺麗にすることが出来ます。

 

 

最後に組み付けと磨きをしますが、最初に外したフェンダーライナーをリベットという取り付け部品を必要数とり付けて作業が完了となりました。

 

 

バシッと元に戻り、綺麗になりました。

 

 

今回は、パーツの構造やそれに伴う作業方法の違いを含めた作業を見て頂きました。

 

特徴のある車両でも、エステックカーサービスではしっかりと作業をする事が出来ます。

 

どのお車でも損傷されましたら先ずはご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2021/08/30

テスラ・モデル3のホイールとボディの修理をしました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、目黒区よりご依頼頂きましたテスラ・モデル3になります。

 

 

今回の修理依頼箇所ですが、アルミホイールと左リアドア、左クォーターパネル、右クォーターパネルになります。

 

先ずはホイールですが、2本の修理を依頼されました。

 

1本目はアルミホイールのリム部を一周ガリキズが出来てしまっています。

 

 

2本目は数か所にガリキズが確認出来ました。

 

 

次にボディですが、左リアドアから左クォーターにかけての損傷で、クォーターパネルの方はキズだけではなく凹みも確認出来ます。

 

この凹みは大きく一ヵ所にはなりますが、アーチラインを中心に接触をしていきます。

 

この部分は鈑金修理にて対応していきます。

 

 

 

最後に右クォーターパネルの凹みですが、リアバンパーとの隣接部になりパネルにプレスされた折れがあるパネルの中でも固い部分になります。

 

 

 

修理依頼箇所の確認をしましたので、ここから作業に入ります。

 

先ずはボディを修理し塗装をする為、テールランプを外してからリアバンパーを外します。

 

リアバンパーが外れたことによって、右クォーターパネルの損傷状態が確認出来ました。

 

凹んでいる部分を中心に確認していきましたが、リアバンパーに隠れた部分には損傷がありませんでした。

 

 

左クォーターパネルの損傷部を鈑金していきます。

 

専用の治具を使用してアーチラインを出しながら全体的に整形していきます。

 

 

パネルの修理が完了した所ですが、エステックカーサービスの熟練した鈑金スタッフによってしっかりと形を出すことが出来ました。

 

 

その後パテを使用しての整形をしていきます。

 

 

次に右クォーターパネルの修理ですが、凹みはありますがキズが一つもありません。

 

しかし大まかなたたき出しをした後、プレスラインを出したりと左側と同じように治具を使用しての作業wお擦る為に凹んだ部分の塗装を剥がします。

 

この部分はプレスラインが変形していたために、リアバンパーを幾度となく仮組みしてラインを確認しながら作業をしていきます。

 

 

こちらもパネルの整形が終了した後、パテでの整形をしていきます。

 

 

パテでの整形が終了した後はサフェーサーを塗装して、サンディング跡を消しながら本塗装をする準備をしていきます。

 

 

 

次にアルミホイールですが、このホイールのカラーが艶消し塗装になっています。

 

そうするとホイールを丸ごと塗装をする費用もありますが、修理をする箇所がリム部となる為に知屋を外して修理をしていきます。

 

この段階でキズの修正が完了してサフェーサーにてサンディング跡を消していきます。

 

 

 

 

その後1本1本細かい所までしっかりと下処理をして、本塗装をする準備をしていきます。

 

 

準備が完了した後、本塗装をしていきます。

 

艶消し塗装では、塗装をした際には艶のある状態ですが乾燥と同時に艶が引けていきます。

 

エステックカーサービスの塗装スタッフは、この艶感も計算しながら調色をし塗装をしています。

 

 

次にボディの方ですが、こちらもサフェーサーをサンディングしながら塗装の為の下処理をします。

 

その後丁寧にマスキングをして塗装をする準備をしていきます。

 

 

このマスキングも重要な作業で、少しの隙間でもミストが隙間から入りマスキングで隠した部分に付いてしまいます。

 

その様な事が無い様に、しっかりとマスキングをしていきます。

 

 

 

下処理が終了した後、本塗装をしていきます。

 

 

 

 

 

ホイールがしっかりと乾燥出来た後、タイヤを組んでバランスを取り車両に組んでいきます。

 

全ての組み付けと磨きをして作業が完了となりました。

 

 

 

今回は数か所の修理を同時に作業した内容を見て頂きました。

 

モデル3の様に、ホイールのカラーがボディカラーと同じような難しい塗装もしっかりと対応しております。

 

先ずはエステックカーサービスにご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

調布店、ブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>