• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF
2021/04/29

アウディ・A6・4F系の左リア部を鈑金修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は。世田谷区よりご依頼頂きましたアウディ・A6・4F系になります。

 

 

今回の修理箇所ですが、ポールに接触した際に凹んでしまった左クォーターパネルとリアバンパーになります。

 

 

損傷状態を確認しますが、左クォーターパネルとリアバンパーの取り付け部を中心とした損傷で、クォーターパネルは大きく凹んでしまっています。

 

またリアバンパーは大きく当たっていて、リアバンパーの内側にあるリアバンパーを取り付けるブラケットの後でしょうか、跡の様に接触痕が残っています。

 

今回はクォータパネルを鈑金修理で対応し、リアバンパーも必要な範囲の修正をしていきます。

 

 

ここから作業を始めていきます。

 

先ずはリアバンパーを外して内側の損傷を確認していくのですが、リアバンパーを外すために左右のテールランプを外します。

 

テールランプを外す理由は、テールランプ下側にバンパーの取り付け部があるからです。

 

テールランプを取り付けたままでバンパーを外そうとすると、バンパーの取り付け部を壊してしますことがありますので、壊さないように尚且つ丁寧に外せるように作業をします。

 

 

鈑金修理方法としては、叩き作業と専用の治具を使って修理をしていきます。

 

クォーターパネルですが、内側にはサイレンサーパッド(消音材)やスポンジが取り付いています。

 

修理する中でそれらに影響が無い様に内張りを外して確認しながら作業をしていきます。

 

 

叩き作業が終了したので、パテを使用して整形をしていきます。

 

終始している場所は、真っ直ぐなパネルではなくいくつもの曲線がある箇所になります。

 

この作業は鈑金スタッフによる長年の経験値からしっかりとサンディングして形を出していきます。

 

 

リアバンパーは先ず黄色い塗料を落として状態を確認します。

 

確認したらプレスラインのある部分を中心に変形がありましたので、サンディングをしてからパテを使って整形をします。

 

 

クォーターパネル、リアバンパーの整形修理が終了した後サフェーサーを塗装しサンディング跡を消していきます。

 

それと同時に本塗装をする下処理もしていきます。

 

 

下処理をして本塗装をしました。

 

クォーターパネル、リアバンパーそれぞれ綺麗に塗装が出来ました。

 

 

最後に取り付けをしますが、リアバンパーのブラケットを新品部品に交換してしっかりと取り付けていきます。

 

また綺麗に磨き上げ、作業が終了しました。

 

 

今回は損傷の大きい鈑金修理を見て頂きました。

 

エステックカーサービスの鈑金スタッフは、どの様な作業にもしっかりと対応できる経験値を持っております。

 

大きな凹みなどの損傷された時には、エステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはコチラ→https://s-techcars.com/inquiry/

 

調布店のブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2021/04/27

メルセデス・ベンツ・GLEクラス・W167の右リア部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたメルセデス・ベンツ・GLEクラス・W167になります。

 

 

今回の修理依頼箇所ですが、テールランプからリアバンパーにかけての損傷になります。

 

先ずはテールランプですが、接触した際にしっかりと割れてしまっています。

 

テールランプに関しては保安基準部品となりますのでこのままだと整備不良となってしまいます。

その事からも交換する事になりました。

 

 

リアバンパーですが若干の凹みがあり、上から下までキズがありましたが修理できる範囲の損傷と判断して修理をする事になりました。

 

 

ただ今回の損傷で大きい損傷となったのが、リアバンパーが内側に入っている事でした。

 

この状態で考えられることは、リアバンパーの内側のバックパネルに変形がある事です。

 

従ってリアバンパーを外してから確認をします。

 

 

ここから作業に入っていきます。

 

GLEのリアバンパーを外す前に、左右のクォーターパネルに付いているアーチモールを外す必要があります。

 

このアーチモールは両面テープとクリップ(取り付けに必要な部品)によって取り付いているので、アーチモールを変形させないように両面テープを剥がしながら外していきます。

 

その後リアバンパーを取り付けるブラケットからリアバンパーを外すために、左右のテールランプを外してから作業をしていきます。

 

 

リアバンパーが外れたので内側を確認していきます。

 

リアバンパーを取り付けるブラケットは片側で2個使っていて、その内側のブラケットに損傷がありました。

 

更に交換するブラケットはナットによって取り付いているのですが、ボルト側のボディに凹みがありました。

 

この凹みが原因でリアバンパーが内側に入っている事が分かりました。

 

 

 

ボルトの部分を出しながら凹んでいる部分も修理をしていきます。

 

これはどちらか一方だけしか修理をしないと、出したい部分が完全には出てきません。

 

その為に両方の作業をし、出すこと変形の修理をする事が必要となります。

 

 

バックパネルの鈑金修理が終了した後、サフェーサーを塗装してサンディング跡などをしっかりと消していきます。

 

 

その後下処理をし、しっかりとマスキングをして本塗装をします。

 

 

次にリアバンパーですが、凹みを修正をしてからキズ菜緒を含めて損傷範囲を整形していきます。

 

 

整形までの作業が終了した後、サフェーサーを塗装し下処理をして本塗装をしていきます。

 

 

本塗装が終了してしっかりと乾燥させた後、組み付けと磨きをします。

 

組み付けの際最初に外したアーチモールをしっかりと取り付けて作業が完了となりました。

 

 

今回はGLE特有の部品の外す様子や、バックパネルに損傷した場合の影響などを見て頂きました。

 

車種ごと特徴があったりしますが、エステックカーサービスでは色んな車種の経験をしております。

 

損傷された時にはエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはコチラ→https://s-techcars.com/inquiry/

 

調布店のブログはこちら⇒https://s-techcars.com/blog/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2021/04/26

ポルシェ・ボクスター・981のホイールを修理、カラーチェンジをしました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、ポルシェ・ボクスター・981になります。

今回のご依頼内容ですが、アルミホイールのキズ修理とホイールのカラーチェンジになります。

先ずはキズ修理の確認ですが、リム部を接触されキズが出来てしまっています。

ホイールのカラーですが、最初は黒系をお考えの様でしたが青系にされたいとの事になりました。

その中でどの青系のカラーにされるか打ち合わせをさせて頂いた結果、ポルシェの純正カラーで塗装されることで決定しました。

作業個所と作業内容の確認が終了しましたので、ここから作業を始めていきます。

エステックカーサービスでは、ホイールの修理及びカラーチェンジ等の作業をする際には、タイヤを外してホイール単品にしてから作業をしています。

何故かというと特に修理のみの場合になりますが、タイヤが付いているホイールのリム部の内側の方までしっかりと塗装するようにしているからです。

この内側を塗装する事により、タイヤ交換をされる場合等に塗装が剥がれる危険性を極力少なくするようにしています。

ホイール単品にした後、キズの修理をしながら全てのホイールとホイールキャップを下処理をしていきます。

修理と下処理が完了した後本塗装をしていきますが、内側と外側を2回に分けて塗装をしていきます。

先ずは専用の台に乗せたホイールの内側とタイヤが付く部分の塗装をしていきます。

内側の塗装が終わり、しっかりと乾燥させた後表面を塗装していきます。

この時、タイヤの付け替えをイメージしながら塗装が剥がれることのない部分にマスキングをして塗装をしていきます。

ブースの明かりがまぶしい為にカラーは分かりにくいのですが、綺麗に塗装が仕上がっている事が確認出来ます。

またセンターキャップも綺麗に塗装しました。

塗装が完了した後明るい所で作業をした所を確認します。

その後タイヤを組み付けバランスを取りお車に取り付けて作業が完了となります。

イメチェンしたホイールのビフォーアフターです。

足元がしまったような雰囲気で、更にホイールが青く光っているのが確認出来ます。

また日陰になっているところで確認するとブラックカラーにも見えます。

ブラックに見えることによって落ち着きも感じられます。

一方、ホイールに光が当たるとメタリックなどのキラキラ感も含めてしっかりと青く光っている事が確認出来ます。

統括としては、遊び心もありながら落ち着きのあるイメージチェンジが出来たのではないでしょうか。

今回はホイールの修理内容とカラーチェンジをさせて頂いた内容を見て頂きました。

ボディだけではなくホイールに関してもエステックカーサービスにお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

 

ホームページからのお問い合わせはコチラ→https://s-techcars.com/inquiry/

整備の世田谷ファクトリーのホームページはコチラ→https://s-techcars.co.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2021/04/25

BMW・3シリーズ・E90のトランクパネルを交換しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、武蔵野市よりご依頼頂きましたBMW・3シリーズ・E90になります。

今回はバックした際に後方の物に接触して凹ませてしまったトランクパネルになります。

角度を変えて見ると凹みの状況が分かりますが、2カ所のプレスラインに渡って凹んでいます。

上側のプレスラインの変形によってパネル上面に歪が出来てしまっています。

また下側のプレスラインの変形の影響で変形が出来てしまっています。

その事から新品部品に交換することになりました。

修理箇所を確認したので、これから作業に入っていきます。

先ずは新品部品の状態を確認し、問題が無かったのでこの部品を使用して作業をします。

最初の作業としては、新品部品を仮付けしてトランクパネルを取り付けるヒンジに影響が無いかを確認する必要があります。

その為に損傷したトランクを外す作業をします。

この車両の場合、トランクにリアナンバーが取り付いていますので作業の最後に再封印をする必要があります。

再封印は陸運局に行き、申請して取り付けてもらう事になります。

リアナンバーも含めて取り付いている部品を全て外してから古いトランクを外し、新しいトランクを付けて確認していきます。

今回はヒンジなどに損傷の影響が無かったのでトランクを塗装して交換する作業のみとなりました。

新品の部品を防錆塗装をします。

これは先程の写真にありましたが、入荷した部品にはメーカーで塗装した防錆塗装が施されています。

しかしこの塗装は塗膜が薄い為に、本塗装をする前の下処理時に塗膜を薄い上に更に薄くしてしまったり、場合によっては部分的に剥がれてしまう事があります。

その事からエステックカーサービスでは新品部品には全て防錆塗装をします。

防錆塗装をしっかりと乾燥させた後、本塗装をします。

この車両の場合、内側は艶消しの塗装で外側は艶ありの塗装と、塗装方法が違うために分けて塗装をします。

塗装が完了した後は組み付けと磨きをし、リアナンバーの再封印をして作業が完了となります。

今回は一つのパネル交換で作業内容が多い作業を見て頂きました。

また2種類の塗装が必要な車両でもエステックカーサービスでは経験値からしっかりと対応しております。

鈑金塗装はエステックカーサービスにお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはコチラ→https://s-techcars.com/inquiry/

整備の世田谷ファクトリーのホームページはコチラ→https://s-techcars.co.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2021/04/23

BMW・3シリーズ・E46のフロント部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたBMW・3シリーズ・E46になります。

修理依頼内容ですが、ポールに接触したフロント部と左右のフロントフェンダーの損傷修理をご依頼頂きました。

損傷箇所ですが、フロントナンバープレートのすぐ左側に当たり、上はボンネットからフロントバンパーにかけて凹んでしまい、更にボンネットに付いているフロントグリルが外れてしまっています。

損傷状態から見てボンネット、フロントバンパーとそれぞれの部品の付属部品を交換していきます。

近くで見るとしっかりとは写せませんがフロントのナンバープレートとナンバーを取り付けるナンバーベースに当たり変形しています。

フロントナンバーは事故で変形した場合でも申請する事により新品に交換することが出来ます。

次にボンネットですが、フロントグリルの下側に当たっていて、この場所に当たったことによりフロントグリルが壊れて外れてしまったと考えられます。

ボンネットを開けてフロントグリルの内側のエアダクトを見てみると、フロントグリルが当たったのでしょうか、接触した箇所が割れたり切れたりしていました。

こちらは右フロントフェンダーの損傷ですが、大きき損傷ではありませんがアーチ部に凹みがありました。

こちらは左フロントフェンダーですが、右側と同じような場所に変形がありますがこちらは大きい損傷となっていました。

左右のフロントフェンダーは部品交換するのではなく、鈑金修理にて対応する事にしました。

損傷箇所の確認が終了したので作業に入っていきます。

先ずはフロントバンパーを外して内側の損傷状態を確認していきます。

確認箇所ですが、ポールが当たった場所だけではなく、フロントバンパーの取り付いている箇所全てや見えない部分に影響が無いかを丹念に覗きながら確認もしていきます。

更に修理や交換に必要な個所を外していきます。

この作業では時として塗装作業のタイミングに外す必要がある部品を考えて、あらかじめこのタイミングで部品を外してしまう事もあります。

この辺は鈑金、塗装と分業の仕事ではありますが長年の経験より効率を考えた作業をしています。

次に左右のフロントフェンダーの鈑金作業をしていきます。

凹みや変形の修理という事で、叩き作業をし最終的にパテを使用しての整形をします。

右フロントフェンダーの様にアーチ部の修理でも範囲が大きいとなかなか形を出していく事は難しいです。

何故ならタイヤがある場所から考えると、フェンダーそのものが丸い形をして入り部分と平らな面がある部分が混在しているからです。

只このような複雑な形でも、エステックカーサービスの鈑金スタッフはしっかりとしたいい仕事をしていきます。

鈑金修理が終了した後は、交換する部品のフロントバンパーに下塗りをし、ボンネットには防錆塗装をしていきます。

そして鈑金修理したフロントフェンダーには、サフェーサー塗装をした後に本塗装をするための下処理とマスキングをして準備をしていきます。

本塗装に向けてのそれぞれの部位が準備できたので、本塗装をしていきます。

今回はボディ、外して塗装をする部品と塗装部位が多い為に全てを一度では塗装できず分けて作業をしていきます。

塗装する部位全てがしっかりと塗装され綺麗な状態になりました。

最後に組み付けと磨き、最後に修理箇所のチェックをして作業が完了となりました。

今回は複数の作業を同時にする内容を見て頂きました。

エステックカーサービスのスタッフはしっかりとした連携を取りながら作業をしております。

大切に乗られているお車を損傷された時には、エステックカーサービスにお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはコチラ→https://s-techcars.com/inquiry/

整備の世田谷ファクトリーのホームページはコチラ→https://s-techcars.co.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2021/04/21

BMW・G20の右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

今回ご紹介するお車は、横浜市よりご依頼頂きましたBMW・G20になります。

今回の修理依頼箇所ですが、フロントバンパーからクォーターパネルまでの右側面になります。

詳細を見ていきましょう。

先ずはフロントバンパーです。

凹みはありませんがキズが付いてしまっています。

その流れでフロントバンパーとフロントフェンダーの取り付け部にキズと凹みがあります。

次にフロントドアとリアドアにキズがありますが、凹みはありませんでした。

またドアの下側にあたるロッカーカバーにもキズがありました。

次にクォーターパネルですが、こちらにもキズがあります。

クォーターパネルにはモールが付いていて、この部品にも傷が付ていたので修理をします。

最後にフロント、リアのアルミホイールにも接触した際に出来たキズがありました。

今回ホイールに関しては新品部品に交換する事になりました。

今までを見て頂いた様に右側面全部に損傷がありましたが、アルミホイール以外は全て修理をする事になりました。

修理箇所の確認が終了したので、作業を始めていきます。

先ずはフロントフェンダーライナーを外してフロントバンパーを取り外す準備と並行して、フロントバンパーとフロントフェンダーの取り付け部にあった損傷を修理していきます。

最初の写真だけだと少しのキズと凹みのみかと思いました。

しかし、キズが目立たなかっただけでフロントフェンダーのアーチ部には歪などの変形がありましたので、しっかりと整形していきます。

ロッカーカバーは、外してから修正していきます。

何故この部品を外すかと言いますと、外して作業が出来る部品であるという事と、クォーターパネルと隣接している為に取り付け箇所の内側にまでしっかりと塗装が出来ないという事から外して作業をしていきます。

次に左右のテールランプを外してからリアバンパーを外します。

リアバンパーを外す理由としては、先程のロッカーカバー同様クォーターパネルとの隣接に当たる為に取り付け部にしっかりと塗装が出来ないために外します。

ここからは修理をしていきます。

フロントバンパーですが、キズは右側になるのですがバンパーを丸ごと塗装をしていきますので、他にもキズがあるかを確認し必要な個所は修理をします。

フロントフェンダーの整形が終了しましたので、サフェーサー塗装をしてパテをサンディングする際に出来た研ぎキズを消していきます。

フロント、リアドアですがキズの出来た場所をサンディングをしてキズを消し、サフェーサー塗装をしてサンディング跡を消していきます。

必要な範囲へのサフェーサー塗装が終了した後、本塗装をするための下処理をして必要な部位にマスキングをしていきます。

塗装する範囲のマスキングなどを完了させた後、本塗装をしていきます。

側面図べての修理でしたので、クォーターパネルから続いているルーフサイドまでしっかりと塗装をします。

すf-サイドまで塗装をする事により、ボカシ塗装をした際のデメリットになるボカシ際が模様の様に出てしまう事がありません。

従って経年による影響を心配する必要が無くなりました。

最後に組み付けと磨きをして作業が完了となりました。

今回は右側面という事で、作業範囲が広い作業を見て頂きました。

エステックカーサービスの鈑金、塗装スタッフそれぞれの経験値による、流れがあり、短い時間での作業が可能となります。

大切なお車の修理はエステックカーサービスにお任せください。

皆様からのご一報お待ちしております。

 

ホームページからのお問い合わせはコチラ→https://s-techcars.com/inquiry/

整備の世田谷ファクトリーのホームページはコチラ→https://s-techcars.co.jp/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/
住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

調布で外車の板金塗装は無料高級代車サービスと高い技術で信頼のS-TECHへお任せください

S-TECHは調布市でお車の修理や車検、整備をご提供する地域密着、即応サービスで人気の会社です。国産車はもちろん、外車の板金塗装も得意としており、ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
S-TECHでは欧州車をはじめ高級車の板金塗装に高い信頼があり、日本車とは違う特徴を持つアルミボディーの修理から塗装カラーの調整に自信があります。車内も清潔にクリーニング済みの無料高級代車もご用意しておりますので、大切な愛車をお預けいただく間も快適なカーライフが送れます。
お見積もりは無料でご希望があれば、工場から半径20キロ圏内へ出張見積もりにも伺いますのでお手間はとらせません。ディーラー見積もりをご提示の方にはお得な割引をご用意するほか、保険修理をご希望の場合は保険会社との交渉やアドバイスも行わせていただきますので安心です。調布で高級外車の板金塗装なら、ぜひS-TECHへご相談くださいませ。
>