• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2021/01/31

メルセデス・ベンツ・W213のフロント部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、渋谷区よりご依頼頂きましたメルセデス・ベンツ・W213になります。

 

IMG_0635

 

今回の修理依頼内容ですが、写真で見るとパッと見では分かりにくいのですが、フロントバンパーの下側を接触されての破損を修理します。

 

IMG_0636

 

フロントバンパーの下側を接触した事により、アッパーとロアで構成されているヴ論とバンパーが取り付け部が損傷してしまい外れてしまっている状態です。

 

IMG_0637

 

下側の損傷を見てみると、アンダーカバーが破損しているのが確認出来ます。

 

IMG_0405

 

また写真の真ん中あたりに穴があるのが確認出来ますが、ここは左フロントフェンダーの内側にあるフェンダーライナーという部品になります。

 

更に内側が見えていますが、ここにもう1点アンダーカバーが付いているのですが無くなっているのが確認出来ます。

 

IMG_0406

 

今回は左側の損傷が主になるのですが、フロントバンパーを外す作業をする事をお伝えすると、フロントバンパーの右側にあるキズも一緒にご依頼頂きました。

 

IMG_0639

 

外から見る損傷状況を確認しましたので、これから作業に入ります。

 

先ずはフロントバンパーを外して内側の損傷を確認していきます。

 

IMG_3474

 

内側の損傷の影響した箇所を確認すると、フロントレインホースメントに付いているステーが変形していました。

 

この部品はレインホースメントに取り付けるのですが、フロント側のアンダーカバーを取り付けるための部品となります。

 

IMG_3477

 

このステーを見ると、本来の形状が潰れているようで変形したであろう箇所には錆が出てきていました。

 

この様な状況でしたので部品を交換していきます。

 

IMG_3475

 

次に外したフロントバンパーを修理するために付属している部品をずべて外します。

 

IMG_0830

 

フロントバンパーを外す際に一緒に外しておかなければならないのが、左右のフロントフェンダーに付いているアーチモールです。

 

この部品はフロントフェンダーには両面テープのみで取り付いているのですが、フロントバンパーには両面テープと爪で取り付いています。

 

部品を外す際にフロントバンパーに付く爪が折れてしまいますので部品を交換しました。

 

また素材がプラスチックになるのですが、取り付ける際にボディの形にあわせて取り付けていきます。

 

IMG_3478

 

フロントバンパーの修理ですが、キズのある部分を修理しながら一緒に他の部分にあった小さいキズも修理をしていきます。

 

フロントバンパーは飛び石などでキズを負いやすい箇所となりますので、エステックカーサービスではご依頼を受けた部分以外に小さな傷があった場合一緒に修理をしています。

 

IMG_2453

 

フロントバンパーのキズ修理が終了したので、本塗装をしていきます。

 

IMG_2456

 

最後に全ての部品を組み付け、フロントバンパーを磨いて作業が完了しました。

 

IMG_0895

IMG_0893

IMG_0896

 

今回は損傷の影響箇所と外した部品に付いてご紹介しました。

 

大切なお車を損傷されましたら、エステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/31

ブラバス・B11の右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、武蔵野市よりご依頼頂きましたブラバス・B11になります。

 

IMG_0257

 

今回の修理依頼内容ですが、右側面を接触した際に出来た擦り傷及び凹みの修理となります。

 

IMG_0258

 

修理箇所を見てみましょう。

 

先ずはフロント側からで、マスキングテープが付いているフロントフェンダーです。

 

マスキングテープを付けている理由は、キズが分かりにくい為です。

 

只このマスキングの一部分には小さな凹みがありましたので、鈑金修理で対応していきます。

 

IMG_0259

 

次に右ドアミラーになりますが、ドアミラーカバーにもキズがありますがウインカーが割れてしまっている為にウインカーは交換しミラーカバーは修理をしていきます。

 

更にミラーベースも交換するのですが、開閉は違和感が無かったのですが動作チェックすると開閉以外でミラーの動きが不動になっていたり、ドアミラを開いた状態で開いたミラーが動く事が確認出来ましたのでずべて交換をしていきます。

 

IMG_0264

 

最後にクォーターパネルからリアバンパーにかけてキズを確認出来ました。

 

クォーターパネルはフロントフェンダーの様にキズと小さな凹みがありましたので修理で対応していきます。

 

またリアバンパーは磨いてみた所キズが取れたのでリアバンパーを1本磨きで綺麗にします。

 

IMG_0268

 

ここから作業に入ります。

 

塗装の事を考えてフロントバンパーと右ヘッドライトを外します。

 

その作業と同時にフロントフェンダーを修理していきます。

 

IMG_3457

 

次にリアバンパを外します。

 

IMG_3459

 

次に右ロッカーカバーを外していきますが、ここには下に向かってライトが付いている為に配線を気にしながら外していきます。

 

IMG_0747

IMG_0748

 

最後にクォーターガラスとルーフレール、ルーモールを外してルーフサイド全てを塗装するための準備をしていきます。

 

ルーフレールを外すために車内に付いている内張りなどを外してから、内側から取り付けを外していきます。

 

IMG_0779

IMG_0795

 

取り外しと鈑金修理が完了したら、下処理をして本塗装をしていきます。

 

フロントフェンダーとクォーターパネルからルーフサイド、ミラーカバーをしっかりと塗装します。

 

IMG_0811

IMG_0813

IMG_0817

 

本塗装が終了したら組み付けていきますが、フロントバンパーに取り付いているフォグランプが増やされていて2個付いています。

 

この増設したフォグランプですが社外部品が取り付ていたために配線をしっかりと取り付け治す必要がありました。

 

IMG_0744

 

取り付けが完了したら最後に磨きをして作業が完了しました。

 

IMG_0859

IMG_0860

 

今回は作業するに当たっての必要部品の取り外しを見て頂きました。

 

しっかりとした作業をするためにはこれだけの作業工程を踏んでいます。

 

仕上がりをお求めになる際にはエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/28

アストンマーティン・ラピードS の右リア部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、稲城市よりご依頼頂きましたアストンマーティン・ラピードS になります。

 

IMG_20201202_093605

 

今回の修理依頼内容ですが、後ろからポールのようなものに接触した際に出来たキズと凹みを修理するご依頼を頂きました。

 

IMG_20201202_093625

 

近くで見るとテールランプにキズがあり端の部分に欠けた跡が見られます。

 

また右クォーターパネルからリアバンパーにかけてキズが確認出来ますが、クォーターパネルには凹みが見られリアバンパーには変形が見られます。

 

IMG_20201202_093634

IMG_20201202_093724

 

反対側から見るとクォーターパネルの変形によりリアバンパーとのチリがズレ、テールランプとの間に隙間が空いてしまっているのが確認出来ます。

 

これから作業に入っていきますが、今回の修理方法はクォーターパネルを鈑金作業にて修理をし、端が欠けてしまったテールランプと変形したリアバンパーを交換していきます。

 

IMG_20201202_093700

 

部品を外していくのですが、テールランプを外す際に通常と同じように内側外します。

 

ただこの車にはヒューズなどの電気部品が収まっている為に、テールランプを外せる範囲の部品を外してからテールランプを外していきます。

 

IMG_20201202_093930

IMG_0474

 

テールランプを外してからリアバンパーを外すことが出来ました。

 

写真を見て頂くとリアバンパーの一部にマスキングをしている事が分かります。

 

何故マスキングをするかと言いますと、リアバンパを外す際にキズを付けないようにするための作業の一部となります。

 

エステックカーサービスの鈑金スタッフは脱着作業の際にはその車両、その場所によって気を使いながら作業をしています。

 

IMG_0532

IMG_0541

 

また右クォーターパネルの隣接パネルに当たるロッカーカバーも外します。

 

IMG_3434

 

部品を外す作業が完了した後、クォーターパネルを鈑金修理をしていきます。

 

この工程でパテでの整形作業をしますが、その作業の中で交換するテールランプとリアバンパーを仮組みしてチリや隙間を確認しながら形を出していきます。

 

アストンマーチンのテールランプは調整ネジが付いているタイプで、仮組みの際にテールランプ本体の取り付け位置もしっかりと出していきます。

 

この作業をしてパテ作業を完成させ、本塗装をする準備をしていきます。

 

IMG_3433

 

塗装の範囲ですが、クォーターパネルに続いているルーフサイドまでしっかりと塗装をします。

 

IMG_2412

IMG_0623

 

クォーターパネルからルーフサイド、リアバンパーと綺麗に塗装が完了しました。

 

IMG_2414

IMG_2416

IMG_2410

 

最後に組み付けと磨きをしていきます。

 

組み付けの際にはテールランプの表面に張り付けるパネルも取り付けるための準備をして組み付けていきます。

 

また最初に外した電気廻りもしっかりと取り付けて作業が完了しました。

 

IMG_0551

IMG_0844

 

今回は他の車両にはない調整などの鈑金スタッフによる作業をご紹介しました。

 

アストンマーチンもエステックカーサービスではしっかりと作業をしておりますのでお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/26

マセラティ・ギブリの右側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、渋谷区よりご依頼頂きましたマセラティ・ギブリとなります。

 

IMG_0391_R

 

今回のご依頼内容ですが、右リアタイヤ前側を接触して凹みとキズが出来たための修理となります。

 

IMG_0392_R

 

損傷箇所ですが、右リアタイヤハウス部と右ロッカーカバーにキズと凹みを確認出来、リアドアには傷が確認出来ました。

 

IMG_0393_R

 

タイヤハウスの損傷ですが、正面から見ると凹みは確認できますがそれほど大きい損傷には見えません。

 

IMG_0394_R

IMG_0395_R

 

しかし角度を変えて見ると、リアドアとの隙間があり内側に凹んでいる様に見えます。

 

この事からリアドアを開けた内側にも影響が出ているのではと疑います。

 

IMG_0396_R

 

リアドアを開けて確認したら、しっかりと影響があり歪みや変形がある上に塗装が割れてしまっています。

 

また右ロッカーカバーとのチリが合っていないことが分かります。

 

この点でもタイヤハウス側に変形があり、ロッカーカバーの取付部が変形している可能性があります。

 

ここは部品を外してからの確認となります。

 

IMG_0397_R

 

これから作業に入ります。

 

先ずは部品を外してからの損傷箇所をチェックしていきます。

 

マセラティ・ギブリではロッカーカバーを外す際、フロントドアとリアドアに干渉してしまう為にドア2枚を外してしまいます。

 

また取付の際にも同じようにドア2枚を外してロッカーカバーを取り付けます。

 

IMG_3412_R

 

タイヤハウスの損傷状態ですが、ロッカーカバーの取付部にも損傷の影響がありこの辺一帯を鈑金修理にて対応する事になりました。

 

またリアドア、ロッカーカバーもそれぞれで修正をしていきます。

 

IMG_0455_R

 

タイヤハウス部の鈑金修理をしていく際に、リアドアとロッカーカバーを仮組をしながらしっかりと形を出していきます。

 

この作業は部品の脱着などの手間がかかりますが、綺麗な仕上がりの為に惜しむ事無く作業します。

 

IMG_3414_R

 

専用の治具等を使用しての鈑金修理が終了した後、パテでの成形に入ります。

 

ここではしっかりと鈑金修理が出来たためにパテの付いている範囲も大きくなりませんでした。

 

ここからサンディングをしていきますので、実際に付いているパテの量は少なくなり元の状態に近づくことが可能となりました。

 

IMG_0509_R

 

ロッカーカバーもタイヤハウスと同様に薄くパテが付いているのが、下地が薄っすら見えているのが証拠です。

 

IMG_0506_R

 

パテでの成形が各部分で終了した後、サフェーサーを塗装して本塗装をする準備をしていきます。

 

IMG_0522_R

 

本塗装の下処理が終了したら、マスキングをしていきます。

 

タイヤハウスの内側まで塗装をする為に、今回はリアドアを外した状態で全てを塗装していきます。

 

IMG_2398_R

IMG_2401_R

IMG_2402_R

 

本塗装が終了しました。

 

綺麗に仕上がっています。

 

IMG_2403

IMG_2404_R

IMG_2405_R

 

最後に組付けと磨きをして作業が終了となります。

 

損傷箇所の形、色全てにおいてしっかりと仕上がりました。

 

IMG_0829_R

IMG_0827_R

IMG_0828_R

 

今回はこの車種の特徴と、内側まで損傷がある場合の作業を見て頂きました。

 

車種ごとの特徴を把握した上で作業しておりますので、エステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/23

BMW・3シリーズ・G21の左リアドアを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、足立区よりご依頼頂きましたBMW・3シリーズ・G21になります。

 

IMG_0317

 

今回のご依頼内容ですが、左リアドアに接触された時に出来たキズと凹みを修理していきます。

 

IMG_0318

 

近くで見るとリアドアのプレスラインより下にキズがあるのが確認出来ます。

 

またよく見るとプレスラインの上側に損傷の影響が見られ、映り込んでいる物が歪んで見えます。

 

これは変形が影響として表れている状態で、膨らんでいるものと考えられます。

 

IMG_0320

IMG_0321

 

反対側から見るとプレスラインの一部に、先程と同じような映り込みのある部分があり変形しています。

 

もう一つ損傷の影響がありまして、フロントドアとリアドアの隙間に段差が出来てしまっています。

 

これはリアドアが内側に押されてしまっている状況となります。

 

この段差に関しても修理をしていきます。

 

IMG_0322

 

確認作業が終わりましたので、これから修理を始めていきます。

 

先ずはリアドアの段差を出す作業をします。

 

この作業はリアドアの取り付け部に当たるドアヒンジ部とその周辺に影響があるかどうかを確認しながら、ドアパネルを引き出すための専用治具を使って作業していきます。

 

この作業は力加減を気にしながら丁寧に作業をしていかないと、ドアヒンジ部に作業をしたが故の損傷を与えてしまう事があります。

 

その様な事が無い様に、熟練したエステックカーサービスの鈑金スタッフにより作業をしていきます。

 

引き出す作業が完了した後、ドアパネルの凹みの修正作業をしていきます。

 

写真にある下地を出した部分を、先程とは別の引き出す専用の治具を使って引き出しながら、プレスラインに出来た変形も修正していきます。

 

IMG_3395

 

全ての引き出し作業が完了した後、パテにて整形をして整えていきます。

 

パテに関しては、最終的に出来る限り薄く付いている状態を目指しての作業を心がけて作業をしています。

 

IMG_3396

 

パテ作業が完了した後、サフェーサー塗装をしてパテ作業で出来たサンディング跡をしっかりと取っていきます。

 

その後、下処理をして本塗装をする準備をしていきます。

 

本塗装をする際にフロントドアにボカシ塗装をしますので、ドアハンドル等の必要な部品を外しておきます。

 

IMG_2390

IMG_2389

 

これにて本塗装が完了しました。

 

綺麗に塗装が仕上がっています。

 

IMG_2391

IMG_2392

 

最後に組み付けと磨きをして、全ての作業が完了しました。

 

IMG_0446

IMG_0449

 

今回は損傷個所をあっちこっちで見た場合の見え方が違う事と、鈑金作業を中心に見ていただきました。

 

エステックカーサービスでは丁寧且つしっかりと気を使いながら作業をしております。

 

損傷されましたらエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/20

メルセデス・ベンツ・CLAクラス・W118の右フロント部を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、武蔵野市よりご依頼頂きましたメルセデス・ベンツ・CLAクラス・W118になります。

 

IMG_0174_R

 

ご依頼内容ですが、フロントバンパーの右側から右フロントフェンダーにかけての損傷の修理となります。

 

IMG_0175_R

IMG_0176_R

 

近くで見るとフロントフェンダーに凹みがありその影響でフロントバンパーがゆがんでいるのが確認出来ます。

 

今回はお客様のご要望によりフロントバンパー、フロントフェンダー共に修理をしていきます。

 

只このフロントフェンダーですが、アルミ素材の部品になりますが修理は可能との判断で修理をしました。

 

作業に入りますが、通常ならフロントバンパーを外して個々に修理をしていくのですが、フロントバンパーとフロントフェンダーの境目の部分の変形を戻すために部分的に部品を外しながら整形をし確認しながら作業を進めていきます。

 

この段階で凹みや変形の修正をしっかりとして次の段階のパテ作業に入っていきます。

 

またパテでの作業でしっかりと整形してからフロントバンパーを外します。

 

IMG_0179_R

 

部品を外した後最終のサンディングをしてサフェーサーを塗装していきます。

 

IMG_3389_R

 

これはフロントバンパーの内部ですが、写真でも分かるように沢山の部品によって構成されています。

 

この付属部品を全て外してから次の作業をしていきます。

 

IMG_0326

IMG_0327_R

 

フロントバンパー、フロントフェンダーそれぞれに施したサフェーサーを十分サンディングして本塗装をしていきます。

 

IMG_2378_R

 

本塗装が終了しましたが、フロントバンパーは丸ごと塗装をしました。

 

IMG_2381_R

IMG_2384_R

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完成となりました

 

凹みや変形が治っており、しっかりとした仕上がりとなっています。

 

IMG_0421_R

IMG_0422_R

 

今回は修理するにあたり隣接した部分の作業方法をご紹介しました。

 

この様に時と場合により臨機応変な対応での作業をしておりますので、エステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調布にある高級外車の板金塗装も任せて安心のS-TECHのブログで施工の様子をご確認いただけます

調布インターチェンジから直ぐでアクセスも便利なS-TECHではブログにて、日々の修理の模様や施工作業の様子をご紹介しております。高級外車を安心して預けられるかご不安な方も、ぜひご参考になさってください。
S-TECHでは、専門的な知識と豊富な経験とノウハウを持った職人が親身で丁寧な作業を行いますので、日本車とは異なる特徴を持つ欧州車の板金塗装やカスタムも安心してお任せいただけます。
お車をお預けいただいている間は、無料高級代車サービスもご利用いただけるので、修理中も快適にいつもと変わらぬカーライフをお送りいただけます。調布にあるS-TECHではお見積もりは無料で、保険修理やクレジットカード、ローンもご利用いただけますのでお気軽にお問い合わせください