• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2020/09/17

ジャガー・Xタイプの左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

本日ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたジャガー・Xタイプになります。

 

IMG_20200827_154929

 

今回のご依頼内容ですが、左フロントフェンダーから左フロントドアにかけての損傷の修理となります。

 

IMG_20200827_154936

 

範囲は小さいですが、深い凹みを確認することが出来ます。

 

IMG_20200827_154944

 

近くで見るとフロントドアの損傷常置が分かりますが、フロントフェンダーのエッジ部付近にも小さなキズが見られます。

 

この傷の左上にはキズが無いので分かりにくいのですが凹みがあります。

 

 

IMG_20200827_154953

IMG_20200827_154958

 

では修理を始めていきます。

 

先ずは必要部品の取り外しですが、フロントフェンダーは鈑金修理、フロントドアは交換、リアドアはボカシ塗装と作業をしていきますので、フロントバンパーと左ヘッドライトを外します。

 

この2点を外すことにより、フロントバンパーと接触しているフロントフェンダーの隠れてしまうパネルにもしっかりと塗装をする事が出来ます。

 

またヘッドライトの外しもフロントバンパーと同様で、隣接する部分にもしっかりと下処理が出来ます。

 

この部分の様に下処理自体人の手で作業するので手が届かない部分には下処理が出来ません。

 

しかし塗装はミクロ単位ですのでちょっとした隙間にも塗装が出来てしまいます。

 

下処理が出来ていない部分に塗装をしてしまうと、塗装がしっかりと付いていないためにここから塗装が剥がれてしまう事があります。

 

その様な事が無い様にするために、ヘッドライトを外して作業をしていきます。

 

次にボカシ塗装をするために、リアドアに付いているドアハンドルとガラス下に付いているベルトモール(水切りモール)を外して塗装が剥がれないようにしていきます。

 

またフロントドアとリアドアに付いているドアモールも塗装する必要があります。

 

ジャガーのドアモールは両面テープで接着している為に、ボディ側に残ったテープもきちんと剥がしてから塗装をしていく準備をします。

 

IMG_20200905_120934

 

部品の取り外しが完了したら、修理をしたフロントフェンダーと交換するフロントドアも取り付けドアのチリなどをしっかりと合わせてから本塗装をしていきます。

 

IMG_1710

IMG_1712

 

塗装が完了しました。

 

綺麗に仕上がっています。

 

IMG_20200908_155051

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完了となります。

 

IMG_20200914_094013

IMG_20200914_094025

 

今回は修理に対しての必要部品を外す意味合いをお伝えしました。

 

エステックカーサービスではこのようにしっかりと作業することを心がけております。

 

ご安心してお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/09/18

テスラ・モデル3のリアバンパーを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です、

 

本日ご紹介するお車は、品川区よりご依頼頂きましたテスラ・モデル3になります。

 

モデル3は日本の機械式駐車場への駐車を考慮して作られたといわれるように、サイズも小さくなって使いやすくなっていますね。

 

 

IMG_2641

 

今回のご依頼内容を見ていきましょう。

 

リアバンパーへの接触にて出来た凹み、切れが見られます。

 

今回は、この部分を修理していきます。

 

IMG_2642

 

損傷状態を確認していきます。

 

損傷状態としては横からの衝撃にて出来たキズですが、接触した際に損傷の波及で凹みが出来てしまっています。

 

リアバンパーはプラスチック部品になりますが、接触の仕方や損傷によってのキズなどにより変形することがあります。

 

この変形はサイズや場所にもよりますが修理することが出来ます。

 

では、ここからバンパーの作業を始めていきます。

 

テスラ各車の修理を幾度となく修理させて頂いているエステックカーサービスでは、鈑金スタッフによってリアバンパーを外して作業をしていきます。

 

リアバンパーを外してから変形している部分に専用の治具にて手を加え修理していきながら切れも同時に直していきます。

 

凹みがある部分をよく見ると、凹みの周りには膨らみが生じています。

 

特に今回の平らな部分での凹みでは膨らみを確認することは容易です。

 

ですので修理には気を使い、修理後変形が戻らないように修理する事が大切となります。

 

エステックカーサービスの鈑金スタッフは熟練した技術によりしっかりと治していきます。

 

IMG_2644

 

次の段階としてパテを使用しての整形をしていきます。

 

このパテでの整形ですが、変形修理をしっかりとしていないとプラスチック部品とはいえ歪が出たように力を加えると変形をしてしまいます。

 

ですからしっかりと変形修理をした上でパテでのサンディングをしていきます。

 

バンパーの様にアールとプレスラインが沢山ある中でのサンディングは、しっかりと形が出ていないと塗装後に完成していない形が羽切と分かります。

 

このことからもしっかりと形を出していき本塗装に繋げていきます。

 

IMG_2664

 

パテ作業が終了した後サフェーサー塗装をしてサンディング時の研ぎキズなどを消していき本塗装をしていきます。

 

本塗装後の写真ですが、この状態からもしっかりと仕上がっています。

 

IMG_1725

 

最後に組み付けをし磨きをして作業が完成となります。

 

IMG_20200911_094429

IMG_20200911_094422

 

今回はプラスチック部品の修理を見て頂きました。

 

プラスチック部品に損傷した時でも、先ずはご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/09/15

アウディ・A4・B8系の左側面の交換及び修理をしました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼頂きましたアウディ・A4・B8系になります。

 

IMG_20200805_115151

 

今回の修理依頼内容ですが、左側面になります。

 

左フロントドアと左ロッカーパネルにポールの様な物に当たったように、縦のラインの凹みが確認できます。

 

IMG_20200805_115200

 

近くで見ると接触した時の当たりが強い為に断続的な凹みとなっていたり、横からの衝撃には比較的強いロッカーパネルがしっかりと凹んでしまっています。

 

IMG_20200805_115208

IMG_20200805_115222

 

フロントドア以外の部分にも損傷があり、リアドアのプレスラインにも凹みを確認しました。

 

IMG_20200805_115227

 

更にロッカーパネルの後ろ側には、塗装を引っ掻いたようなキズを確認しました。

 

これらの部分を修理していきます。

 

IMG_20200805_115247

 

今回はフロントドアは部品交換をし、ロッカーパネルは凹みのあり部分を一部カットして交換していきます。

 

それ以外の部分は鈑金修理で対応していきます。

 

先ずはフロントドアを外して新しいドアを付けます。

 

この作業を一番にする事により、ロッカーパネルの凹み具合を確認していきます。

 

IMG_0278

 

ロッカーパネルの損傷具合を確認しつつ、一連の作業を考えて必要部品を外します。

 

IMG_0279

 

ここからロッカーパネルの部分カットをしていきます。

 

この作業の為に新品のロッカーパネルを仕入れ、必要なサイズにカットして取り付けていきます。

 

この作業と同時に部品を取り付ける際の調整などして合わせをしっかりとして溶接などで付けていきます。

 

ロッカーパネルは袋となっており取り付けてしまうとパネルの内側は何もできなくなってしまいます。

 

ですから取り付ける前に溶接跡から錆が出ないように専用の防ザビ塗料を塗布してから作業をしていきます。

 

取り付けるだけでも形は出るのですが、最終調整としてパテで整形をします。

 

IMG_0328

 

次にリアドアの鈑金修理ですが、ここでは専用工具を使用してベースとなる形をしっかり出しパテにて整形をしていきます。

 

IMG_0291

 

フロントドアを取り付けて隙間などの調整をしながらロッカーパネルの形を出したりなど、鈑金作業が終了したらサフェーサーを塗装していきます。

 

IMG_1635

 

更にサフェーサー塗装が終了したら、ロッカーパネルに塗装されている耐チップと呼ばれる石跳ねなどによる塗膜のダメージを防ぐための専用塗装をして、本塗装をする準備をしていきます。

 

IMG_1639

 

またフロントドアは新品部品を使用した為に、防ザビの意味もある下塗りを塗装します。

 

IMG_1637

 

ここからは本塗装をするための準備として、塗装するパネルを下処理をしてマスキングをします。

 

このマスキングもエステックカーサービスの熟練したスタッフにより作業していきます。

 

この作業をしっかりとしていかにと、マスキングしたはずなのに・・・となっていしまいますので、細部までしっかりとチェックしながら作業をしていきます。

 

IMG_1646

 

この状態が塗装前の下処理、マスキングが終了した所となります。

 

ここから本塗装をしていきます。

 

IMG_1642

IMG_1647

 

本塗装が完了しました。

 

全ての部分がしっかりと塗装され仕上がっています。

 

次の工程として磨きやすい様にしながらしっまりと磨きをし、組み付けを完了していきます。

 

IMG_1655

IMG_1652

IMG_1649

 

今回は重度の鈑金作業からの仕上がりを見て頂きました。

 

どの様な作業でもしっかりと対応していきますのでお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/08/29

アウディ・Q7・4L型の左側面を修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

 

今回ご紹介するお車は、府中市よりご依頼頂きましたアウディ・Q7・4L型になります。

 

IMG_20200715_114156

 

Q7の初期モデルとなりますが、重量感がありますね。

 

今回の修理内容ですが、左フロントドアより始まりリアドア、クォーターパネル、リアバンパーまでの修理になります。

 

IMG_20200715_114209

 

左フロントドアは下側のプレスラインとドア下に付くモールに損傷が見られます。

 

またリアドアは大きく損傷が見られる上にドア下のモールが外れて無くなってしまっています。

 

IMG_20200715_114229

 

次にクォーターパネルからリアバンパーにかけて損傷が見られます。

 

リアバンパーの一部が剥がれるように外に向いてしまっています。

 

この部分をしっかりと見て見ます。

 

IMG_20200715_114257

 

上から見るとしっかりと外側に向いてしまっているのが分かりますが、バンパーの先端付近にバンパーの素材と違うものが付いています。

 

これは何?という事で隣接パネルになるクォーターパネルを見て見ます。

 

IMG_20200715_114345

 

下から見ると何かが判明しました。

 

クォーターパネルの一部が裂けて剥がれてしまっていました。

 

今回は修理で対応することになりました。

 

IMG_20200715_114403

 

最後にリアドアを開けたクォーターパネルの内側ですが、ここもしっかりと凹みと変形が見られます。

 

IMG_20200715_114615

 

角度を変えて見ると、丸くなっているはずのラインがまっすぐなストレートになっています。

 

その位の損傷となっていますが、ここも鈑金修理で対応していきます。

 

IMG_20200715_114632

 

リアドアは損傷が大きい為に部品を交換していきます。

 

フロントドアを修理する際には、リアドアを仮組みしてドアの立て付けなどをチェックしながら取り付け位置を確認する作業もします。

 

その作業をしながらフロントドアのプレスラインの位置なども確認して作業をしていきます。

 

IMG_0134

 

次にクォーターパネルの修理ですが、先程見て頂いた様にクォーターパネルのカケラを溶接して取り付けていきます。

 

IMG_0108

IMG_0109

IMG_0110

 

溶接が終わった後パテにて最終の整形をしていきます。

 

IMG_0113

 

またクォーターパネルの前側も鈑金修理をして整形をしていきます。

 

IMG_0112

 

一通りの鈑金修理が完了したら、サフェーサー塗装をして本塗装をする準備をしていきます。

 

今回はリアドアは交換のためにサフェーサー塗装をしてから本塗装をする準備のため外しておきます。

 

また表面だけではなくクォーターパネルの内側も塗装するためにキッキングプレートも外して塗装をする準備をしていきます。

 

IMG_20200817_130405

 

クォーターパネルを塗装するという事でルーフサイドまで塗装をしていきます。

 

ルーフサイドまで塗装する事により、ボカシ塗装をする部分を作らず端までしっかりと塗装するようにします。

 

これは経年によりボカシ塗装をした部分が表面化することなく、ずっと綺麗な状態を保つことを目的としています。

 

IMG_1553

 

塗装の準備をした後本塗装をしていきます。

 

IMG_1559

IMG_1561

 

塗装を必要とする部品全ての塗装が完了しました。

 

ここから組み付けと磨きをして作業が完了しました。

 

IMG_1565

 

今回は溶接や内側の修理など鈑金作業を中心に見て頂きました。

 

エステックカーサービスでは損傷状態やお客様のご要望により的確な作業をしております。

 

どの様な損傷でもご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/08/26

メルセデス・ベンツ・W205のフロントバンパーとフロントフェンダーを交換しました。

 

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、狛江市よりご依頼頂きましたメルセデス・ベンツ・W205になります。

 

IMG_20200817_121026

 

今回のご依頼内容ですが、フロントバンパーの左側から左フロントフェンダーにかけての損傷の修理となります。

 

IMG_20200817_121032

 

近くで見てみるとフロントバンパーに黄色の接触した対象物の後が付いています。

 

凹みは無い様に思いますが、フロントフェンダーとの取り付け部がずれているのが確認できます。

 

また左フロントフェンダーがタイヤ上部付近で折れているのが確認できます。

 

これ程の損傷があるので、フロントバンパーの内側の損傷具合をしっかりとチェックする必要があります。

 

なぜならフロントバンパーの様なプラスチック製の部品は、接触した際に変形してもある程度まで変形が戻ってしまうからです。

 

IMG_20200817_121037

 

またフロントバンパーに取り付いているセンサーも損傷の影響でしょうか、塗装の欠けとズレているのが確認できます。

 

これも内側の配線や取り付け部の確認も必要となります。

 

IMG_20200817_121041

 

では作業に入ります。

 

先ずは必要な部品を外していきます。

 

フロントバンパー、ヘッドライト、フロントフェンダーを外すためにロッカーカバーとフロントドア、ロッカーカバーを外すためにリアドア、ここまで外していきます。

 

ここまで部品を外してから新品のフロントフェンダーを仮組みして、フロントフェンダーの取り付け部などを一か所一ヵ所確認しながら修理をしていきます。

 

IMG_20200818_141949

 

またヘッドライトですが、フロントフェンダーが折れていた波及によってフェンダーと接触してキズが付いてしまっています。

 

このことからヘッドライトを交換していきます。

 

IMG_20200818_140223

IMG_20200818_140228

 

外したフロントバンパーですが、内側を見るとやはり損傷がありました。

 

フロントバンパーの取り付け部に割れが見つかり、他の部分にも同様な症状が確認出来ました。

 

IMG_2566

 

新しいフロントフェンダーを仮組みて行く作業の中で、ドア側に取り付けネジがある為にフロントドアをフェンダーを組むたびに脱着をしていきます。

 

この様な作業をしっかりとする事によってしっかりとした仕上がりになりますので、エステックカーサービスの鈑金スタッフはしっかりと作業をしていきます。

 

IMG_2560

 

鈑金作業が終了した後塗装をしていきます。

 

フロントフェンダーは下塗りした後本塗装をします。

 

今回はカラーからフロントバンパーとフロントフェンダーを一緒に塗装をします。

 

IMG_1600

 

本塗装が完了した後になりましたが新品のセンサーも塗装をしていきました。

 

IMG_20200819_133954

IMG_1597

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完了となりました。

 

IMG_20200825_092840

 

チリや隙間などしっかりと治っているのが確認できます。

 

IMG_20200825_092847

 

今回は表の見え方と実際の損傷状態の違いを見て頂きました。

 

どんな損傷でもこのような事は起こりえます。

 

エステックカーサービスではしっかりと確認して修理をしておりますので、ご安心してお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/08/22

フォルクスワーゲン・ザ・ビートルのフードと左オーバーフェンダーを修理しました。

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたフォルクスワーゲン・ザ・ビートルになります。

 

IMG_20200817_155545

 

今回の修理箇所ですが、左リアのオーバーフェンダーになります。

 

このパーツは丸くアールの集合体みたいなものでキチンと形を出さないと不格好な形となってしまうので腕が試される部分となります。

 

IMG_20200817_155556

 

近づいて見るとフェンダーのプレスラインまで損傷しています。

 

これはなかなかの難易度となりますが、エステックカーサービスの鈑金スタッフは経験値よりしっかりと修復していきます。

 

IMG_20200817_155609

 

また今回追加でご依頼を受けた部分でフードの飛び石を修理することになりました。

 

IMG_20200817_155643

 

一ヵ所タッチペンしてあるのがお分かりになると思います。

 

この一ヵ所以外にも塗装の欠け等あるか確認して修理をしていきます。

 

IMG_20200817_155653

 

板金修理をしていきますが、凹みの周りに損傷の波及があり凹みの大きさよりも大きい範囲での修理となりました。

 

凹みの損傷がる場合、必ず凹み部分の周りが無理に凹んだ影響で逆に膨らんでしまいます。

 

対外凹みが大きいと凹んでいる部分に目が行く為に、膨らみは角度を変えて見ないと分かりにくいです。

 

その様な事から修理範囲を見ると凹みの大きさより大きくなります。

 

IMG_2553

 

鈑金修理が終了したらパテでの整形に入ります。

 

パテのサンディングですが、パネルの形状ごとでサンディングをする方法が変わります。

 

このサンディングの方法を変えることにより無理なく形を出すことが出来ます。

 

これより形が出たらサフェーサーを塗装して本塗装に向けて作業をしていきます。

 

IMG_20200817_201005

 

次にフードですが、一ヵ所だけかと思いましたがよく見ると数か所塗装の剥げを確認しました。

 

全ての部分に付いて修理をした範囲がサフェーサーを塗装した範囲となりました。

 

IMG_20200818_165525

 

ここからオーバーフェンダー、フードとそれぞれ本塗装をする準備をしていきます。

 

IMG_1581

IMG_1580

 

2カ所共に本塗装が完了しました。

 

サフェーサーの色を見て頂くと少し赤くなっているのが確認できます。

 

これはボディ色が赤色の場合、ベース塗料が薄くしっかりと色を付けないと下の部分の色が透けて見えてしまうためにそれを補ってしっかりと赤色を付けるためにサフェーサーを通常のものと変えて塗装をしています。

 

色が薄くベースが付きにくい色に対しての対処をエステックカーサービスの塗装スタッフはきちんとしていますので、きちんとした仕上がりが可能となっています。

 

IMG_1584

IMG_1586

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完成となります。

 

IMG_20200822_092436

IMG_20200822_092416

 

今回はスタッフそれぞれがしっかりとした対応をしているところを見て頂きました。

 

一台一台しっかりと作業していますので、どのようなお車もお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

ホームページからのお問い合わせはこちらから⇒https://s-techcars.co.jp/contact/

 

整備の世田谷ファクトリーはこちら⇒https://s-techcars.co.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大切な愛車の修理は誠実・丁寧・最高のプロに!
ハイレベルな技術と豊富な経験、専門ノウハウを持った職人が新車のように美しく仕上げます。
輸入車(外車)の鈑金修理、デントリペアはエステックカーサービスにお任せください。
バンパーのスリキズやフェンダーやドアの凹み修理、ボンネットのキズ修理などなど。
お困りでしたら一度ご相談ください。見積は無料です。
世田谷 杉並 練馬 大田 品川 中野 狛江 三鷹 調布 府中 稲城
武蔵野 町田 八王子 日野 多摩

 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

エステックカーサービス株式会社
https://s-techcars.com/

住所:東京都調布市多摩川1-50-1
TEL:042-444-0767
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

調布にある高級外車の板金塗装も任せて安心のS-TECHのブログで施工の様子をご確認いただけます

調布インターチェンジから直ぐでアクセスも便利なS-TECHではブログにて、日々の修理の模様や施工作業の様子をご紹介しております。高級外車を安心して預けられるかご不安な方も、ぜひご参考になさってください。
S-TECHでは、専門的な知識と豊富な経験とノウハウを持った職人が親身で丁寧な作業を行いますので、日本車とは異なる特徴を持つ欧州車の板金塗装やカスタムも安心してお任せいただけます。
お車をお預けいただいている間は、無料高級代車サービスもご利用いただけるので、修理中も快適にいつもと変わらぬカーライフをお送りいただけます。調布にあるS-TECHではお見積もりは無料で、保険修理やクレジットカード、ローンもご利用いただけますのでお気軽にお問い合わせください