• 輸入車鈑金塗装
  • 保険対応修理
  • 引き取り納車
  • ホイールリペア
  • 高級輸入車・代車サービス
  • ディーラー見積15%OFF

ブログ

2019/11/30

ポルシェ・カイエン(2代目後期)のフロント廻りを修理しました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、ポルシェ・カイエン(2代目後期)になります。

 

この車両はポルシェ初のSUV、5ドア車としてデビューした955型から8年の月日を経て発売された958型になります。

カイエンという車はSUV分野への参入を考えていたポルシェと、レンジローバーに代表される高級SUV分野へ本格参入したかったフォルクスワーゲンの思惑が合致し、両社で開発費用を分担し共同開発された戦略モデルとなり、十分なオフロード走破性を確保しながら、スポーティなハンドリング、走行性能、外観を持ちます。

 

普段乗りでもスポーティーで軽快に走行することが感じることが出来る一台です。

 

IMG_20191003_141145_R

 

さて状態確認をしていきましょう。

 

今回は外的要因によって細かいキズが付いてしまった為の修理をご依頼頂きました。

 

一ヵ所の損傷が小さい為に矢印で分かるようにしました。

 

広い範囲で確認でき、フロントバンパー、フード、フロントフェンダー、アーチモールに確認できます。

 

作業方法としてしっかりと修理をしていく為に部品単体に分解しながら作業をしていきます。

 

IMG_20191003_140811_R

IMG_20191003_140826_R

 

作業を開始します。

 

先ずは必要な部品を外していきます。フロントバンパーは本体を外した後更にバンパーについている細かなパーツも分解していきます。

 

また、ヘッドライトとフロントフェンダーの隙間にもしっかりと塗装していく為にヘッドライトを外します。

 

IMG_0422_R

 

カイエンのフロントバンパーは本体の部品に数点にも及ぶ部品が取り付いています。

 

分解していくと下の写真の様にシンプルな部品になってしまいます。

 

IMG_0424_R

IMG_0426_R

 

IMG_0427_R

 

フロントバンパーには元々色が付いていない部分が有ったりします。

 

色のついていない部分には、エステックカーサービスの塗装スタッフのしっかりとしたマスキングによって塗装しないようにしていきます。

 

IMG_1003_R

IMG_1004_R

 

細かくキズのついた場所の修理をして塗装の為の下処理をしていきます。

 

その後、本塗装をしていきます。

 

写真にもあるようにヘッドライトウォッシャーのカバーも塗装していきます。本体の塗装をしてもカバーを塗装しないと色違いが発生してしまいます。こういうところにもシッカリとぬかりなく作業をしていきます。

 

IMG_1005_R

 

ボディの方ですが、フードエンブレムを外して下処理をしていきます。

 

また、塗装する際にミストが入りやすい場所など考えながらのマスキング作業をしていきます。

 

ここでも手を抜かずに作業します。何故なら万が一ミスをしてしまうとミストが入り込んでしまいミストを取るために部品を外してその部品の色で塗装をし直さないといけなくなってしまうからです。

 

IMG_0999_R

 

そういったことを踏まえての作業を塗装スタッフはしっかりとしていきます。

 

IMG_0998_R

 

これにて塗装が完了しました。綺麗に塗装されていますね。

 

IMG_1002_R

IMG_1001_R

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完成しました。

 

IMG_0517_R

 

この様に修理塗装はそれぞれの工程を踏んで作業していきます。

 

エステックカーサービスのスタッフはしっかりと対応していきます。

 

鈑金塗装はエステックカーサービスにお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

2019/11/28

ランドローバー・レンジローバースポーツをブラックエクステリア仕様にしました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

本日ご紹介するお車は、港区よりご依頼頂きましたランドローバー・レンジローバースポーツになります。

 

この車両ですが、2005年よりランドローバーのスポーツツアラーとして登場し、2013年から2代目となるL494型として現在も販売されています。

グレードとしては「SE」「HSE」「HST」「Autobiography Dynamic」「SVR」5つがベースで、数種類のエンジンがありプラグインハイブリッドタイプの設定もあるようです。

 

IMG_5043_R

 

今回はブラックエクステリア仕様にされたいとの依頼から、アルミホイールの修理、フロントバンパーの修理も同時に作業する事になりました。

 

元々はシルバーに塗装されている部品をブラックに塗装、若しくはブラックに塗装されている部品への交換をしてブラックエクステリア仕様に変更していきます。

 

IMG_5048_R

IMG_5051_R

IMG_5057_R

IMG_5056_R

 

何点もの部品のシルバーの部分をブラックにしていきますので、全ての部品を外していきます。

 

ただ、RANGE ROVERのエンブレムはブラックになっている部品があります。

 

このエンブレムについては取り換えをしますが、取り付ける為に位置を間違えないように印となるものをマスキングテープを駆使して作ります。

ここが鈑金屋さんらしいですね。

 

IMG_0682_R

IMG_0681_R

 

ここから塗装するために外した部品を下処理して塗装をしていきます。

 

このフロントグリルを見て頂くと分かるように細かい部分もエステックカーサービスの塗装スタッフは手を抜くことは決してせず、しっかりとした処理をします。

何故なら、ここで手を抜いてしまうと塗装が剥げる原因となってしまうからです。

 

IMG_0151_R

 

一つ一つしっかりと塗装をしていきます。

 

ドアなどの外装部品の様に大きくても平面に近いパーツですと比較的単調な動作に近い動きで作業できますが、小さいパーツでも堀が有ったりするとアッチからコッチからとエアガンの向きを変えながらの作業となります。

ですから時間を必要とします。

 

IMG_0150_R

 

後、リアバンパー他の部品もそれぞれ丁寧に塗装をしていきます。

 

IMG_0159_R

IMG_0154_R

 

今回同時に作業するホイールですが、タイヤをバラシてホイール単体にして作業をしていきます。

 

ホイールも4本全てブラックに塗装していきます。

 

IMG_0113_R

 

この状態がベース塗装をした状態です。

 

IMG_0116_R

 

この上にクリアー塗装をしてホイールが完成となります。

 

IMG_0162_R

 

エステックカーサービスの塗装スタッフは、ホイールと言えど手を抜かず丁寧にマスキングしながら塗装をしていきます。

 

IMG_0161_R

 

塗装した部品、交換する部品を組み付け、リアバンパー等面積の広い部分はしっかりと磨き作業が完成しました。

 

IMG_20191115_100839_R

IMG_20191115_090657_R

IMG_20191115_090736_R

IMG_20191115_090728_R

 

ブラックにしたことによって、グッとしまったように見えますね。

 

今回の作業は全てで60万円程で出来上がります。

 

ブラックエクステリア仕様にされたい方がいらっしゃいましたら是非お声がけください。

 

ご依頼お待ちしております。

 

 

2019/11/26

アウディ・Q7のリアバンパー修理とフロントガラスの交換をしました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、調布市よりご依頼頂いましたアウディ・Q7になります。

 

このお車は、フォルクスワーゲン・トゥアレグ / ポルシェ・カイエンと共通の構成部品で共有されており、アウディ自慢の4輪駆動であるクワトロシステム(アウディ・RS4と同じメカニズムを採用している)を積む車両で、なんとエクステリアのデザインは日本のカーデザイナーが担当しているそうです。

 

こんなところに日本の方が携わっているって誇らしいですね。

 

このQ7は2代目になり、1代目との違いはドア、フロントフェンダー、ボンネット、テールゲートにアルミを用いたことから先代に比べて約300kgの重量軽減を達成しているようです。

 

IMG_20191024_115636

 

さて今回の損傷状態を確認していきましょう。

 

損傷部位ですが、写真はありませんがフロントガラスに飛び石があった所でひび割れが伸びてしまった為に交換していきます。

 

また、ボディの方は右側のリアバンパーとクォーターパネルに損傷を確認出来ました。

 

IMG_20191002_103654_R

IMG_20191002_103726_R

 

確認が終わりましたので作業を開始します。

 

先ずは必要な部品を外していきます。

 

今回はリアバンパーとクォーターパネルとありますのでリアバンパーを外して別々に作業をします。

 

別々にする理由は、取り付いている状態ですとバンパーとクォーターパネルの間にあるチリやホコリが作業中に使用するエアーで塗装の際ゴミとして出てくる可能性があり、また接地している為に塗装前の下処理も限りがあるので脱着出来る部品であれば手直しをする事は出来ますが、脱着する事が出来ないクォーターパネルは作業するのに費用が掛かってしまいます。

 

このような事の可能性を減らすために部品を外して隅から隅まで作業が出来るようにしていくのです。

 

IMG_0344_R

 

外した部品ですが、リアバンパーのディフューザーにもキズを確認しましたので修理をしていきます。

 

バンパーの下に見えるメッキパーツですが、ルーフにある部品です。

 

クォーターパネルを塗装するにあたり今回はルーフサイドからフロントピラーまで塗装する事にしました。

 

ここまで塗装すると、ボカシ作業がありませんので経年によるボカシ際が出ることはありません。

クォーターパネルを修理する際にはここまで塗装する事をお勧めします。

 

IMG_0349_R

 

先程見ましたルーフの部品ですが、これを外すのには内張りを外してルーフの内張りを外してから部品を外していくという作業をしていきます。

 

車種によっての作業となりますが天張りを外す作業はなかなかないのでお見えしたいと思います。

 

IMG_0345_R

IMG_0347_R

IMG_20191009_142915_R

 

ここまでする事によって綺麗に仕上げることが出来るように準備が出来ました。

 

IMG_0346_R

 

これから必要箇所の修理をし、完成させていきます。

 

DSCN2549_R

DSCN2551_R

DSCN2558_R

DSCN2554_R

 

作業が完成した後、全てを元に戻し完成しました。

IMG_20191024_115649

IMG_20191024_115640

 

今回は内張りを外す作業をお見せしました。

 

エステックカーサービスのスタッフはどんな作業にもしっかりと仕上げることが出来ます。

 

作業内容についてはご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

 

 

2019/11/25

ジャガー・XFのフロント部を修理しました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、港区よりご依頼頂きましたジャガー・XFになります。

 

この車両をご紹介します。

 

北米国際オートショーで、市販を前提としたXFのプロトタイプコンセプトカー、C-XFが発表されました。

このC-XF」とは、フロントグリルは初代XJを、ボンネットEタイプを、リアピラー周辺はXKをそれぞれモチーフとしており、またジャガー伝統の丸目4灯前照灯を採用するなど、歴代ジャガーのエッセンスが随所に取り入れられている車両となります。

ジャガー・XFは、「C-XF」をベースとしておりそれと共にクーペ風のボディラインを採用する事により「古臭い」というブランドイメージの払拭と、顧客層の若年化とが図られている思いでの販売となったようです。

またデザインに際しては、ボンネットの位置を低くしながら衝突安全性も両立するために、衝突時にボンネットが持ち上がる「デプロイアブルボンネットシステム」が採用され、更に設計に際しては数値流体力学が用いられている考えられている車両の様です。

 

IMG_20191004_122825_R

 

さて、今回の修理依頼の内容に話を変えましょう。

 

今回の損傷は車両との接触でフロント部にキズと凹みが出来てしまいました。

 

個人情報の為ナンバープレートを隠してありますが実はナンバープレート自体にも損傷がありまして、今回はナンバープレートも新品に交換します。

 

フロントバンパーを見て頂くと分かりますが、傷が色んな所にあり、また変形も確認できます。

 

IMG_20191004_122907_R

IMG_20191004_122953_R

IMG_20191004_123030_R

 

また、ボンネットにも損傷が見られましたので、こちらも修理をすることになりました。

 

IMG_20191004_122913_R

 

結果、フロントバンパー、ナンバープレートは新品に交換、ボンネットは今回の損傷以外にも飛び石などの損傷が確認出来ましたので、1面修理する事になりました。

 

先ずは作業する為に必要な部品を外します。

 

この外す作業の時点でフロントバンパーの内側の損傷状況も確認していきます。

 

今回は特段損傷が見られませんでしたので、外装部品のみの作業をしていきます。

 

IMG_0511_R

 

部品を外す際再度損傷状態をチェックします、

 

お気づきでしょうか。日の下で見た時と建物の中で見るのと見え方が違います、

 

光の加減によって見え方が違いますので、チェックされたりする場合光の条件を変えて見ると見えるものがありますのでお試しください。

 

IMG_0515_R

IMG_0514_R

 

新品のフロントバンパーにサフェーサー塗装をし、修理したボンネットにも足付けをしていきます。

 

IMG_0056_R

IMG_0054_R

 

最後に本塗装をしました。

 

綺麗に仕上がっています。

 

IMG_0059_R

 

IMG_0058_R

 

最後に組み付けと磨きをして作業が完了しました。

 

IMG_20191030_115427_R

 

先程お伝えしたように光の加減で見え方が違うことがあります。

 

こういった違いを見逃さないエステックカーサービスのスタッフが作業いたします。

 

ご安心してお任せください。

 

皆様からのご一報お待ちしてしております。

 

 

2019/11/22

ジャガー・XJ X350の左リアドアを修理しました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、世田谷区よりご依頼いただきましたジャガー・XJ X350になります。

 

この車両の特徴は、オールアルミニウムボディの採用により、従来のモデルよりも軽量化を実現し、従来の車両では狭かったトランクがようやく実用的な深さとなったというかなり変化をもたらした車両になります。

 

X300系と見た目はさほど変わりがあるように見えませんが、かなり変わったようです。

 

IMG_20191017_153818_R

 

今回の損傷状態を確認していきます。

 

箇所はリアドアになりますが、一見して分かるように横にしっかりとキズが付き凹みも確認できます。

 

IMG_20191017_153836_R

 

プレスラインより上にも雨露が付いているのに分かるくらいのキズと凹みを確認できます。

 

冒頭に紹介したようにこのドアはアルミ素材で出来ています。

 

アルミ素材の部品は基本的には交換部品の扱いとなるのですが、お客様のご要望により修理をする事になりました。

 

IMG_20191017_153847_R

 

アルミ素材の部品ですので外側からの鈑金をする事が出来ません。

 

従いまして内側から作業をするために必要なドアの部品を外していきます。

 

見て頂いて分かるようにガラスも外していきます。

 

なかなかこのような状態を見ることがないと思いますので説明しますが、映っているシルバーの部品ですがこれがレギュレーターと言いましてガラスを上げ下げするモーター付きの部品になります。

 

車によってはガラスを取り付ける際左右に見える部分(ガラスがはまっている部分)などを調整を必要とする事があります。

 

このような事からドアの交換など取り付けるのに時間がかかります。

 

エステックカーサービスの鈑金スタッフはこのような作業も手際が良く作業をしていく事が可能です。

 

IMG_0524_R

 

ここから作業に必要な工具を持ち合わせている中から選択し、その工具を使って鈑金していきます。

 

IMG_20191023_111507_R

 

また、外側からは叩き方に変化を持ちながら歪みなどを見ながら作業していきます。

 

IMG_20191023_111431_R

 

ここまで来るのにしっかりと時間をかけることにより整形が出来ました。

 

IMG_0522_R

 

プレスライン上の変形も同様に作業してここまで仕上がりました。

 

IMG_0523_R

IMG_0521_R

 

作業した内側ですが、このままにする事はなくきちんと処理していきます。

 

IMG_0526_R

 

パテを付けての最終の整形ですが、叩いた範囲は先程の範囲ですが実際パテは薄く付いてはいますがこの範囲まで付くことにより面を出していくほどの作業となりました。

 

IMG_0529_R

 

サフェーサー塗装後の状況ですが、しっかりと作業となっています。

 

これで塗装をして完成させていきます。

 

IMG_20191023_180539_R

 

完成した所ですが、角度を変えて見ますがしっかりと完成しております。

 

IMG_20191026_135041_R

IMG_20191026_135100_R

IMG_20191026_135033_R

 

今回の様に難しい作業でしたが、エステックカーサービスではこのような作業をする事も可能です。

 

先ずはご相談ください。

 

皆様からのご一報お待ちしてしております。

 

 

2019/11/13

BMW・X5・E70の右フロント部を修理しました。

 

こんにちは。調布店 清水です。

 

今回ご紹介するお車は、杉並区よりご依頼頂きましたBMW・X5・E70になります。

 

このお車は後期型に当たりパワートレーンの変更があり、エンジンは直列6気筒DOHCターボに変更、トランスミッションは8速ATが搭載されました。

 

またナビゲーションシステムが新型になったほか、地デジ対応テレビチューナーが搭載され、グレード名が「xDrive35i」に変更されました車両です。

 

ズッシリ感を感じる素晴らしいお車ですね。

 

IMG_20191019_112542_R

 

さて、損傷状態を確認していきましょう。

 

今回の損傷箇所は右フロント部になります。

 

白く線が付いたのがキズになります。

 

IMG_20190926_114311_R

 

アップして見ますと、フロントフェンダーの部分に変形が見られます。

 

IMG_20190926_114317_R

 

また、フロントセンサー本体にも傷が見られます。

 

IMG_20190926_114322_R

 

フロントフェンダーをよく見ると変形だけではなく穴が開いているように見える場所、実はこの部分は切れてしまっています。

 

IMG_20190926_114330_R

 

上から覗くとフロントフェンダーの当たって切れた部分が内側に入る変形をしていて、逆にフロントバンパーが膨らむという変形になってしまっています。

 

今回損傷された部品全てを新品部品にすることにします。

 

IMG_20190926_114347_R

 

早速交換する部品を外していきます。

 

部品を外した姿がこちら…

 

IMG_0447_R

 

内側の骨格部分だけだと何の車か分かりません。

 

しかし、今回の様に外側の損傷ではありますが、部品を外しながら見えない部分に損傷が無いかも確認しています。

 

すると、下の写真の部品…ヘッドライトサポートになる部品ですが割れていることが見つかりました。

 

IMG_20191019_150013_R

 

しっかりと折れてしまっていることが確認できます。

 

この様に最初の部品を外していく作業は点検を踏まえた作業となります。

 

エステックカーサービスの鈑金スタッフはこの作業で見つけられなかった損傷を確認し見落としが無いようにしていく厳しい目を持っています。

 

IMG_20191019_150019_R

 

次に交換する部品のチェックをしていきます。

 

先ずはフロントフェンダーですが、このフェンダーはプラスチック製の部品となっています。

 

ですのでフロントバンパーと同様の扱いをしていきます。

 

IMG_0448_R

IMG_20191019_153808_R

 

新旧のフロントバンパーです。

 

外車に多く見られますエアグリルですが他車と同じく内側からはめ込みで取り付ける部品となります。

 

バンパーを外さないと交換が出来ない部品って事になります。

 

IMG_20191019_153825_R

 

確認作業が終わりましたら、下処理をしていきます。

 

フロントバンパーとフロントフェンダー、フロントアーチモールなど全てがプラスチック部品となりますが、其々にサフェーサー塗装をして本塗装を完璧なものにする為の準備をしていきます。

 

IMG_1014_R

 

 

IMG_1015_R

IMG_1016_R

IMG_1017_R

 

今回の部品全てが大きい為にボカシ塗装をするフロントドアをも外してパーツ事塗装をしていきます。

 

IMG_1018_R

 

塗装が完了しました。

 

毎度のことですが綺麗に仕上がっています。

 

この時の艶感もしっとりとしていていい物です。

 

IMG_1019_R

IMG_1020_R

IMG_1021_R

IMG_1022_R

IMG_1023_R

 

塗装作業がすべて完了しましたら組付けをし、しっかりと磨きをして作業が完成します。

 

IMG_20191030_132134_R

 

車ごと違う素材の部品が車種ごとありますが、エステックカーサービスではどの部品、車両に対してもしっかりとした作業をしています。

 

どの様なお車でも対応しますので、先ずはご相談下さい。

 

皆様からのご一報お待ちしております。

 

 

調布にある高級外車の板金塗装も任せて安心のS-TECHのブログで施工の様子をご確認いただけます

調布インターチェンジから直ぐでアクセスも便利なS-TECHではブログにて、日々の修理の模様や施工作業の様子をご紹介しております。高級外車を安心して預けられるかご不安な方も、ぜひご参考になさってください。
S-TECHでは、専門的な知識と豊富な経験とノウハウを持った職人が親身で丁寧な作業を行いますので、日本車とは異なる特徴を持つ欧州車の板金塗装やカスタムも安心してお任せいただけます。
お車をお預けいただいている間は、無料高級代車サービスもご利用いただけるので、修理中も快適にいつもと変わらぬカーライフをお送りいただけます。調布にあるS-TECHではお見積もりは無料で、保険修理やクレジットカード、ローンもご利用いただけますのでお気軽にお問い合わせください